犬の待てのしつけ 完全ガイド

待て」とは、飼い主の指示によって犬が動きを止め、許可が出るまでその場で待たせる事です。
「待て」は食事のしつけや留守番のしつけなどの我慢を要求されるような場面で重要な行動になります。また、通常の生活においても我慢が必要な場面でも役立ちます。

 犬の身を守る上でも必要なしつけとなります。散歩中に信号に差し掛かる前に「待て」を出来れば、急に横断歩道に飛び出して、車に轢かれる心配も無くなります。

 また、「待て」のしつけをマスターすれば、自分の気持ちをコントロールするトレーニングにもなります。「待て」は興奮している犬を落ち着かせる効果もあるので、犬が自分で歯止めが効かなくなって暴走してしまうのを防ぎやすくなります。 


  • 犬の「待て」のしつけはいつから?
  • 犬の「待て」のしつけについて
  • 犬の「待て」のしつけの手順
  • しつけの準備
  • 「待て」のしつけ方
  • ハンドシグナルを教える
  • ごほうびを変える
  • 最後に

犬の「待て」のしつけはいつから?

 犬の「待て」しつけは、できるだけ早い時期から開始しましょう。子犬の頃にちゃんとしつけがされているかどうかで、成犬になってからの振る舞いに大きな違いが生まれます。そのため、できる限り早い段階からしつけを始めていくと良いでしょう。
「まだ赤ちゃんの頃にしつけをしても仕方がない」と思いがちですが、犬は人間の十倍近いスピードで成長します。
 具体的には、生後3ヶ月頃から始めると良いでしょう。子犬については、少なくとも生後半年ほども経てば、人間に換算するとすでに幼稚園や小学校に入学するぐらいの年齢であるため、十分しつけを行うことが可能といわれています。もちろん、生後すぐの時期から名前で呼んで覚えさせるなどの簡単なしつけを始めても問題ありません。

犬の「待て」のしつけについて

 NG例:「待て」のしつけ中に、犬が動いてしまった時、怒ったり、ましてや叩いてしまうと、「待て=怖い」や、ひどい場合「動く=怒られる」と解釈してしまう恐れがあります。
 そうなっては、あまりにも可哀相です。

 OK例:ごほうびと「いいこ」など言葉で、ほめて伸ばす事が基本中の基本です。

犬の「待て」のしつけの手順

しつけの準備

①   窓を閉じて外からの音を遮断し、テレビやラジオは消しましょう。
②   気が散るようなおもちゃなどは全て片付けましょう。
③   犬の集中力は10分~15分ほどです。集中力がなくなったと感じたら、潔くしつけを中断しましょう。

「待て」のしつけ方

  1. まずは「お座り」のしつけを終わらせましょう。⇒お座りのしつけ
  2. 犬の正面から、「お座り」を指示し、座った瞬間に「いいこ」と声をかけ、その2秒後におやつを与えます。
    オスワリ(犬が座る)いいこ2秒カウント)ごほうび
  3. 2秒待つ事が出来るようになったら、1秒ずつ時間を延ばしていきます。焦らずに1日1~2秒伸ばす位ゆっくりと行う事が肝心です。10秒を目標に頑張りましょう。
  4. 規定の秒数を動かずに待っていられたら「いいこ」と言っておやつを与えますが、声を掛けた後、動き出してしまったら、おやつを与えないで下さい。
  5. 10秒待てるようになったら、指示語の「マテ」を覚えさせましょう。
  6. お座りを指示し、お座りしたら「いいこ」とほめ、そこから2秒後に「マテ」と声を掛けましょう。それからさらに10秒後におやつを与えましょう。
  7. 今度は解除語で「動いてもよし」という合図を覚えさせましょう。「よし」をよく用いられがちですが、日常で頻繁に使う言葉でもあるので、「フリー」が良いでしょう。
    オスワリ(犬が座る)いいこ2秒カウント)マテ→12歩下がる→10秒後「フリー!」ごほうび
  8. 1歩ずつ距離を伸ばしていきましょう。目標は5歩です。 

ハンドシグナルを教える

 犬の耳が不自由な場合や騒音の中など、声が聞き取れない状況でも指示を出せるように、ハンドシグナルも覚えさせましょう。 
「犬の顔の前に手のひらをかざす」というハンドシグナルを例にします。

犬の耳が不自由な場合

  1. 犬に「オスワリ」のハンドシグナルでお座りをさせます。お座りの姿勢を2秒保持できたら、おやつを与え、軽くなでてあげましょう。
  2. 1秒ずつ時間を延ばしていきます。焦らずに1日1~2秒伸ばす位ゆっくりと行う事が肝心です。10秒を目標に頑張りましょう。
    オスワリのハンドシグナル(犬が座る)2秒カウント)マテのハンドシグナル310秒カウント)ごほうび
  3. 今度は、「マテ」のハンドシグナルを出した後、飼い主1~2歩下がりましょう。10秒間じっと待っていられたら、解除のハンドシグナル「両手を広げ」、犬を迎え入れてあげましょう。
  4. 1歩ずつ距離を伸ばしていきましょう。目標は5歩です。犬が近寄ってきたらおやつを与えて撫でてあげます。
    ハンドシグナル「オスワリ」犬が座る→2秒後、ハンドシグナル「マテ」数歩下がる→10秒後、両手を広げる近寄ってきたら、ごほうび

犬の耳が不自由でない場合

  1. 前述している「マテ」の指示語をマスターさせましょう。
  2. 「マテ」と指示語を出す直前にハンドシグナル「犬の顔の前に手のひらをかざす」を出しましょう。
    お座りの指示犬が座るいいこ→2秒後、ハンドシグナル「犬の顔の前に手のひらをかざす」指示語「マテ」→10秒後、ごほうび
  3. 少しずつ指示語の声のボリュームを下げていきましょう。最終的には、ハンドシグナルだけで犬が待てるようにしましょう。 
    時間や距離を伸ばす上での注意点は、解除の指示を出していないのに動いてしまったらごほうびを与えてはいけないという点です。
    しばらくしたら、再びお座りを指示して1からやり直しましょう。

ごほうびを変える

  • 犬がしっかり待てを覚えたら、おやつを与える回数を「2回に1回→ 3回に1回→ 4回に1回・・・」と少しずつ減らしていきます。最終的には「いいこ」などの褒め言葉だけで済ませるようにしましょう。ただし、たまには犬の大好きなおやつをランダムであげて下さい。それにより、しつけが強化されるようになります。
  • ごほうびには「声を出す」「犬の方を見る」「犬を触る」といった事も含まれます。犬が動き出してしまったら無視をし、顔も向けずにいて下さい。

最後に

 初めのうちは家の中で集中してトレーニングしましょう。外は色々と気が散る要素が多いので、ある程度できるようになったら今度はやってみましょう。
 家と外では環境が違います。犬の緊張度も変わるので、外での「待て」の方が何倍も難しいです。
ですが、「待て」が効力を発揮するのはたいてい外ですので、外で「待て」がしっかりできるように日々トレーニングしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA