ミニチュアシュナウザーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

番犬としても優秀な家族が大好きなミニチュアシュナウザー

明るく活発なミニチュアシュナイザーは、可愛らしい顔とがっしりとした体格が魅力的な小型犬です。

少々頑固な面も見受けられますが、家族に対して愛情深く、飼い主に対してはとても従順ですので、しつけしやすい犬種です。

長年、ミニチュアシュナウザーは断尾や断耳をされてきましたが、現在では動物愛護の観点からそのような処置を行わなくなってきています。
実際、ドッグショーでも断尾や断耳をしていなくてもエントリーできるようになってきています。

そんなミニチュアシュナウザーの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



ミニチュアシュナウザーの歴史

ブルース・リーの愛犬であった

ミニチュア・シュナウザーはドイツ原産で、14世紀頃から牧羊犬、番犬などとして活躍していた中型犬の「スタンダード・シュナウザー」の小さめの個体をベースに、「アーフェンピンシャー」、「プードル」などを交配して誕生しました。

ネズミをつかまえることを目的に作られ、19世紀末、フランクフルト・アム・マインで固定化されたが、個体ごとに体格のバラつきが大きく、犬種として安定させることが出来ませんでした。
しかし、その後、アメリカに渡って小型化が進み、現在のサイズの固定化に成功しました。

「シュナウザー」とはドイツ語で「ヒゲ」という意味の「シュナウツ」からきています。

ミニチュアシュナウザーが犬種として1899年に原産国であるドイツのケンネルクラブで成立しました。
しかし、アメリカのケンネルクラブでは、1933年までは「スタンダード・シュナウザー」と同じ犬種として見なされていました。

ちなみにですが、ミニチュアシュナウザーは、ブルース・リーの愛犬であったことでも知られています。

ミニチュアシュナウザーの特徴

仙人ようなのまゆ毛とひげ

ミニチュア・シュナウザーの体型はスクエア型と呼ばれる真横から見た姿はほぼ正方形をしています。
被毛は、ダブルコートです。
トップコートは、ワイヤーのようにざらざらと硬くて粗く、アンダーコートは柔らかい毛質となっています。
ダブルコートですが、夏・秋の換毛期でも抜け毛が少なく、伸び続けます。

仙人のような表情がチャームポイントで、口ひげや眉毛も長くなります。

被毛の色はジャパンケネルクラブ(JKC)で、ブラックのアンダーコートで漆黒、ソルト&ペッパー(シルバー)、ブラック&シルバー、ホワイトのアンダーコートで純白の4色を標準と定めています。

ミニチュアシュナウザーの性格は、好奇心が旺盛で明るく活発です。
少し頑固なところもありますが、従順で賢さもあるので飼いやすい犬種です。
警戒心が強く勇敢でもあるので番犬として優秀ですが、その反面、無駄吠えをすることもあります。
飼い主には従順で、家族思いです。

ミニチュアシュナウザー
外見

仙人ようなのまゆ毛やひげ毛と、筋肉質でがっしりした体格が特徴です。
長年、断尾や断耳をされてきましたが、現在では動物愛護の観点から、これらの処置を行わないことが多いです。
被毛は固く密着した剛毛のダブルコートです。
毛色は「ブラックのアンダーコートに漆黒のトップコート」、「ソルト&ペッパー」と呼ばれるシルバーグレー、「ブラック&シルバー」、「ホワイト」があります。

性格

賢く好奇心旺盛で、家族思いで活発な性格です。
その一方で、繊細な面を持ち合わせています。
また、勇敢で警戒心が強く、頑固な一面も見られますので、番犬としても適しています。

体重  約7kg
体高  30~35cm

ミニチュアシュナウザーの健康

平均寿命は12〜15歳

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は、12〜15歳で平均的です。
基本的には、健康的な犬種ですが、いくつか注意すべき疾患もあります。

ミニチュアシュナウザーは眼病にかかりやすく、特に「若年性白内障」には気を付けましょう。
長くなった眉毛が目に入らないように、気を付けましょう。
物にぶつかりやすくなったり、散歩を嫌がるようになったら、要注意です。

その他では、「尿道結石」ができやすい傾向がります。
トイレに頻繁に行くようになったら、注意して下さい。

ミニチュアシュナウザーの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ミニチュアシュナウザーの運動

ストレス解消も兼ねて毎日散歩しましょう

ミニチュア・シュナウザーは、遊び好きで活発ではありますが、1日に30分~1時間程度の散歩と、室内の遊びで十分でしょう。

ストレスが溜まると、問題行動を起こすことになるので、最低限は上記程度の運動はさせてあげましょう。

ミニチュアシュナウザーのしつけ

従順な性格なのでしつけはしやすい⁉

少々頑固な一面がありますが、飼い主に対して従順であり、賢さもあるので、しつけは特に難しくはありません。
適切にしつければ吠え癖などの悪癖がつきにくいとされています。

小さな子犬の頃から主従関係を築くことが理想です。
愛犬から何かしらの要求があったとしても、一度座らせたり、「待て」をさせるなど順位づけに有効なしつけにしましょう。 

ここで、注意点がありますが、必ず褒めて伸ばす事を心掛けましょう。
大声できつく叱りつけたり、ましてや体罰などを行ったら、信頼関係が築けなくなってしまいます。

また、たくさんの人や犬と触れさせて、社会性を身に付けさせましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ミニチュアシュナウザーの手入れ

1〜2ヵ月に1回はトリミングを

抜け毛は比較的少ないですが、可愛らしい外見を維持する為にも、口ひげや眉毛などを整えるためにも1〜2ヵ月に1回はトリミングを行ってあげましょう。

また、週2~3回のコーミングまたはブラッシングが必要です。
シャンプーも月に1回は行うようにしましょう。
あまり過度にシャンプーを行い過ぎると、必要最低限の皮脂も除かれてしまい、皮膚病の原因ともなりますので、注意しましょう。 

ミニチュア・シュナウザーの耳は毛が密集して生えています。
このため、外耳炎になりやすいので、定期的な耳掃除などのケアも必要です。

ミニチュアシュナウザーのカットスタイル

様々なスタイルが可能

体全体の毛は短めで、足元や口周りと眉毛を長めにして強調した「シュナカット」がスタンダードでしょう。
ミニチュアシュナウザーと言えば「これ!」とも言えるスタイリッシュなカットです。

最近、人気なのが「まつげ残し」と言われる女の子にピッタリの可愛らしいカットです。
シュナウザーは、まつげが太く伸びやすいので、それを残すことによって、キュートな仕上がりにできます。

その他には、全体的に短くカットし、耳の毛だけを長く残した「耳毛残しカット」があります。
少しファンキーな仕上がりになります。

シュナウザーはダブルコートでありながら、毛が伸びやすいので、その他にも様々なカットが出来ます。
色々と試して、愛犬の一番似合うスタイルを探してあげるのもいいでしょう。

まとめ

✔ 比較的健康な犬種
✔ 従順な性格なのでしつけは難しくない
✔ 被毛の手入れはこまめに行いましょう

ふさふさした豊かな被毛が特徴のミニチュアシュナウザーは、人気犬種の一つです。
その理由の一つは、飼いやすさがあげられるでしょう。

ミニチュアシュナウザーは、いくつか注意すべき疾患はあるものの様々な犬種がいる中でも、健康的な部類の犬種になります。
平均寿命は小型犬としては平均的ですが、特別な遺伝的疾患もなく、家族に迎えるにあたって迎える際も、そういった点をあまり気にしなくても良いでしょう。

性格も少々頑固は一面はあるものの、飼い主に対しての忠誠心も高く、賢いのでしつけはしやすいでしょう。
警戒心が強いので、吠える傾向はありますが、「無駄吠え」のしつけをこなしてくれるので、問題ないでしょう。

ミニチュアシュナウザーの被毛は伸ばせばどんどん伸びます。
ですので、定期的にプロのトリマーさんにカットしてもらう必要があります。
逆に全身の毛が伸びるので、お好みのスタイルにイメージチェンジできるのも、この犬種の魅力です。

明るく活発な可愛いミニチュアシュナウザーは、良きパートナーとなってくれる事は間違いありません。
それが長年、人気犬種として評価されている理由でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA