ミニチュアシュナウザーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ミニチュアシュナウザーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ミニチュアシュナウザーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ミニチュアシュナウザーの歴史
  • ミニチュアシュナウザーの特徴
  • ミニチュアシュナウザーの健康
  • ミニチュアシュナウザーの運動
  • ミニチュアシュナウザーのしつけ
  • ミニチュアシュナウザーの手入れ

ミニチュアシュナウザーの歴史

ブルース・リーの愛犬であった

ミニチュア・シュナウザーはドイツ原産で、「スタンダード・シュナウザー」の小さめの個体をベースに、「アーフェンピンシャー」、「プードル」などを交配して誕生しました。
「シュナウザー」とはドイツ語で「ヒゲ」という意味です。
ネズミをつかまえることを目的に作られ、19世紀末、フランクフルト・アム・マインで固定化されたが、犬種として安定せず、その完成は、アメリカに渡って小型化が進んでからであると言われています。

ちなみにですが、ミニチュアシュナウザーは、ブルース・リーの愛犬であったことでも知られています。

ミニチュアシュナウザーの特徴

仙人ようなのまゆ毛とひげ

ミニチュアシュナウザー
外見 仙人ようなのまゆ毛やひげ毛と、筋肉質でがっしりした体格が特徴です。
長年、断尾や断耳をされてきましたが、現在では動物愛護の観点から、これらの処置を行わないことが多いです。
被毛は固く密着した剛毛のダブルコートです。
毛色は「ブラックのアンダーコートに漆黒のトップコート」、「ソルト&ペッパー」と呼ばれるグレー、「ブラック&シルバー」、「ホワイト」があります。
性格 賢く好奇心旺盛で、家族思いで活発な性格です。
その一方で、繊細な面を持ち合わせています。
また、勇敢で警戒心が強く、頑固な一面も見られますので、番犬としても適しています。
体重  約7kg
体高  30~35cm

ミニチュアシュナウザーの健康

平均寿命は12〜15歳

ミニチュアシュナウザーの平均寿命は、12〜15歳で平均的です。
ミニチュアシュナウザーは眼病にかかりやすく、特に「若年性白内障」には気を付けましょう。
その他では、「尿道結石」ができやすい傾向がります。

ミニチュアシュナウザーの運動

ストレス解消も兼ねて毎日散歩しましょう

1日に30分~1時間程度の散歩と、室内の遊びで十分でしょう。

ミニチュアシュナウザーのしつけ

従順な性格なのでしつけはしやすいです

少々頑固な一面がありますが、しつけは特に難しくはありません。たくさんの人や犬と触れさせて、社会性を身に付けさせましょう。
従順で飼い主への忠誠心も強いので適切にしつければ吠え癖などの悪癖がつきにくいとされています。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ミニチュアシュナウザーの手入れ

2〜3ヵ月に1回はトリミングを

抜け毛は比較的少ないですが、口ひげや眉毛などを整えるためにも2〜3ヵ月に1回はトリミングを行ってあげましょう。
週2~3回のコーミングまたはブラッシングが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA