プチバセットグリフォンバンデーンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

プチバセットグリフォンバンデーンの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

プチバセットグリフォンバンデーンの歴史

 プチバセットグリフォンバンデーンはフランス原産で、日本では「プチバセ」の愛称で呼ばれています。
バセットハウンド」に似た体格をしていますが、‘バセット’はフランス語で「低い」の意味であり、プチバセもバセットハウンドと同じく、身を低くして獲物の足跡のにおいを嗅ぎながら追っていく仕事をしていました。
‘グリフォン’は「粗い」という意味で被毛の粗さから、‘バンデーン’はフランスの地名から取っています。
 16世紀頃、バンデーン地方は荒れた土地でした。そこで猟犬として働くために、しっかりとした足腰とタフな精神、身を守る剛毛を備えた犬種の作出をするため、「バセットハウンド」や「土着犬」を掛け合わせて誕生したのが、「バセット・グリフォン・バンデーン」と考えられています。が、実は19世紀までは比較的小さいサイズの「プチ」と、足が長くてやや体格の大きい「グラン(ラージ)・バセット・グリフォン・フォンテーン」の2タイプが混在していました。
 1907年に犬種クラブができて標準書が作られた時も単にサイズが違うというだけの記述でしたが、猟や飼育の目的によってサイズの違うことが重要視されるようになり、1975年には別の犬種に分けられることになりました。

外見

 胴長で、足は太く真っ直ぐです。頭はやや大きく、ストップは明らかで、大きいマズルをしています。耳は大きな垂れ耳で、しっぽは真っ直ぐです。
 被毛は剛毛のダブルコートで、カラーはブラック・アンド・ホワイト、ブラック&タン、ホワイト&オレンジ、トライ・カラー、ブラック・オーバーレイなどがあります。

性格

 性格は陽気で活発、家族には愛情深く接しますが、警戒心が強く、見知らぬ人や動物には厳しく接することがあります。また、自立心が強く、頑固な面を見せることがあります。

体重  11~16kg 
体高  34~38cm 

プチバセットグリフォンバンデーンの健康

 胴長短足ですので、「椎間板ヘルニア」や「膝蓋骨脱臼」、「肘関節脱臼」、「股関節形成不全」には注意が必要です。
 また、プチバセは「髄膜炎」や「てんかん」が起きることがあります。
  その他では、「角膜ジストロフィー」や「白内障」、「緑内障」などの眼病と、垂れ耳ですので、「外耳炎」にも気を付けましょう。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

プチバセットグリフォンバンデーンの運動

 活発な犬種ですので、毎日1時間以上の散歩に連れてってあげましょう。また、ランニングを入れたり、ドッグランで走らせたりしてあげましょう。

プチバセットグリフォンバンデーンのしつけ

 自立心が強いので、しっかりとしつけをしましょう。明るく前向きな性格のため、叱られてもへこたれない面がありますから、根気よくトレーニングをしましょう。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

プチバセットグリフォンバンデーンの手入れ

 ダブルコートですので抜け毛はありますが、特別多くはありません。週2~3回のブラッシングやコーミングに、ときどきシャンプーをしてあげましょう。毛が長く伸び続けることはありませんので、カットは特に行わなくても長さを維持できるでしょう。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA