日本テリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

日本テリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

日本テリアの歴史

 日本テリアの系統は、詳しい事はわかっておらず、主に神戸で、抱き犬としてかわいがられ、「神戸テリア」「お雪テリア」「ミカド・テリア」などの愛称で親しまれました。「1700年代に、オランダから長崎に渡来した「スムース・フォックス・テリア」をベースとして小型の在来犬を配し、後に神戸で改良したものであるとされています。しかし、「スムース・フォックス・テリア」が犬種として固定したのは1862年頃になるので、厳密にはスムース・フォックス・テリアの原種犬が日本テリアの先祖ということになります。
 また、「トイ・マンチェスター・テリア」、「イタリアン・グレーハウンド」、「トイ・ブル・テリア」などの血が入っているのではないかとも考えられる。
 1920年頃から計画繁殖が行われ、1930年頃に固定されました。1930~32年には日本テリア・ブームが起こりましたが、ブームは、第2次世界大戦によって終焉を迎えました。他の全ての犬種と同様に、日本テリアの数も激減しました。絶滅の危機もありましたが、戦後、愛好家の努力によって甦ることができました。

外見

 スマートな外貌、鮮明で引き締まった輪郭をもつ。
 被毛はビロードのような感触の短毛であり、毛の長さは 2mm 程度です。カラーは、頭部はブラック、タン、ホワイトの3色で、体はホワイトにブラック・スポット、ブラック・マーキングまたはタン・マーキングがあります。 
 耳は高い位置についており、V字型で、半分が前方または横に垂れる笹耳です。 眼はアーモンド型で暗褐色で、 尾は適度に細く、生まれて1週間以内に、直立する程度の長さに断尾する習慣があります。

性格

 動作が機敏で、明るく活発な性格で遊び好きな性格をしています。外来者への警戒心も強く、他人にはよく吠えるので、番犬向きでもあります。しかし、攻撃性は少なく、テリア類の中では比較的穏やかなです。
 利発であり、人間の言葉にもよく反応し、主人の表情や状況を読みとって、その場に応じた行動ができると言われています。

体重   4-5 kg
体高  30-33cm

日本テリアの健康

 日本テリアは希少犬種ですので、近親交配によって、遺伝性疾患が起きやすいというリスクがあります。
 また、寒さに弱いので、洋服を着せるなどして、対応してあげましょう。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

日本テリアの運動

 散歩は1日30分~1時間程度を行えば十分です。

日本テリアのしつけ

 賢くてしつけもしやすいです。一貫した姿勢でしっかりと教えてあげましょう。また、たくさんの人や犬と接する機会を増やして、社会性を身につけさせましょう。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

日本テリアの手入れ

 短毛ですので、手入れは難しくありません。1週間に2回程度のブラッシングして頂ければ、十分です。また、体臭も少ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA