トイマンチェスターテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

トイマンチェスターテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

トイマンチェスターテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • トイマンチェスターテリアの歴史
  • トイマンチェスターテリアの特徴
  • トイマンチェスターテリアの健康
  • トイマンチェスターテリアの運動
  • トイマンチェスターテリアのしつけ
  • トイマンチェスターテリアの手入れ

トイマンチェスターテリアの歴史

ネズミ狩りゲームに使うために誕生

トイ・マンチェスター・テリアは、イギリスのイングランド原産であり、別名である「イングリッシュ・ブラック・アンド・タン・トイ・テリア」と呼ばれる事もあります。
19世紀に当時ギャンブルであった「ネズミ狩りゲーム」に使うための大穴として使うために、マンチェスター・テリアを立ち耳にし、より俊足になるように改良を加えられ、小型化して作られました。
ネズミ殺しゲームの衰退後はネズミも狩れる愛玩犬として人気を博すのだが、ブーム時に行われた乱繁殖と極端な小型化・体重制限により健康に害が出始め、19世紀後半には人気が落ち絶滅の危機に瀕した。
その後愛好家によって体高・体重の制限が緩和され、安定した犬質の確保が行われて再び人気を取り戻す事に成功した。
戦後は諸外国にも輸出されてブリーディングが行われ、各地でもペットとして人気の犬種となっていった。

トイマンチェスターテリアの特徴

フレンドリーで甘えん坊

外見

筋肉質で引き締まった流線型の体型で、マズル・首・脚・胴・尾が長めです。
耳の形はマンチェスター・テリアとは異なり、立ち耳です。尾は飾り気のない垂れ尾です。
被毛はなめらかなスムースコートで、毛色はブラック・アンド・タンかブラック・アンド・マホガニーです。

性格

性格は好奇心旺盛で明るく、家族に対して愛情深くフレンドリーですが、やや繊細な面があります。
飼い主に対しては、やや依存傾向で、甘えん坊です。
勝気なテリア気質は少なく、温厚な性格です。

体重  2.7~3.6kg
体高  25~30cm

トイマンチェスターテリアの健康

「水晶体脱臼」には要注意!

かかりやすい疾患として、「水晶体脱臼」があり、頭部の打撲など少しの衝撃で目の中の水晶体の位置がずれてしまいます。
頭部に衝撃を与えるのは避け、充血などが見つかった時は早めに受診しましょう。
また、手足が細いため、「骨折」しやすく、高いジャンプや飛び降りは避けましょう。
そのほかに「椎間板ヘルニア」、「レッグパーセス症」や、「フォン・ヴィレブランド病」などにも注意が必要です。

トイマンチェスターテリアの運動

毎日30分~1時間程度の散歩

体は小さいですが、体力は比較的あります。
毎日30分~1時間程度の散歩が必要です。
また、とても寒がりなので、冬場の散歩は洋服を着させてあげましょう。

トイマンチェスターテリアのしつけ

ほめて伸ばすようにしましょう

知能が高く温和でやさしい性格をしているので、しつけはしやすい犬種と言えます。
色々な人や他の犬との交流を行い、社会性を育てましょう。
ただ、神経質はところがあるので、厳しく叱らず、ほめて伸ばすようにしましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

トイマンチェスターテリアの手入れ

週に1回程度のブラッシング

被毛は短毛のスムースコートですので、手入れは簡単です。
週に1回程度のブラッシングで十分でしょう。
時々シャンプーやブラッシングをしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA