イタリアングレーハウンドの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

イタリアングレーハウンドの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

イタリアングレーハウンドの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • イタリアングレーハウンドの歴史
  • イタリアングレーハウンドの特徴
  • イタリアングレーハウンドの健康
  • イタリアングレーハウンドの運動
  • イタリアングレーハウンドのしつけ
  • イタリアングレーハウンドの手入れ

イタリアングレーハウンドの歴史

巨匠の描いた絵画の中にたびたび登場する犬種

起源はローマ時代ごろと推定され、貴婦人の愛玩犬として人気がありました。
小型のイタリアン・グレイハウンドは、紀元前数千年前の古代エジプトでファラオの宮廷に既に存在していた小型のグレイハウンドの末裔と言われいます。
たくさんの花瓶や器に描かれた絵からこの犬種が確認されており、トルコやギリシャ(ラコニア)を経由して、紀元前5世紀初期にイタリアに渡ってきたといわれています。

ルネサンス期になると、貴族の宮廷内でイタリアン・グレイハウンドの絵が偉大なイタリアの巨匠や外国の巨匠の描いた絵画の中にたびたび登場してくるようになります。
イギリスのチャールズ1世やアン王女、ヴィクトリア女王、フリードリヒ2世などに愛されたといわれています。

1880年代には過度な改良により虚弱で軟弱な体質になってしまった時期もありましたが、1890年代に健康な犬種に戻すための再改良が行われ、ローマ時代の健全な姿を取り戻して人気が再加熱しました。

世界的な人気は今も高いです。
日本には江戸時代に初めて輸入され、身分の高い令嬢などに愛され、現在も人気の高い犬種の一つで、毎年国内登録が行われている。
国内でもブリーダーから入手することが可能で、愛好家も多く存在します。

イタリアングレーハウンドの特徴

繊細で感受性が強く、穏やかで優しい性格

イタリアングレーハウンド
外見 体格は細身、ボディはスクエアであり、その姿は優美で洗練されています。
この容姿は基本的に古代からほとんど変わっていないといわれています。
頭部は細長い形をしており、幅は狭く、頭蓋部は平らで、スカルとマズル(口吻部)は平行です。
鼻はダークで、ブラックが好ましいとされています。
鼻が完全にまたは半分色素欠乏していたり、鼻梁が窪んでいるものや、隆起したものは犬種標準から外れるものとして失格となります。
マズルは先細りで長く、尖っています。
頬はすっきりと引き締まって、 目は大きく、表情はとても豊かです。
耳は付け根がたいへん高くて小さく、軟骨は薄く、折り畳まれ、項と頸の上部に沿って寝ています。

注意を払っている時には、耳の付け根は立ち、耳朶は側方に水平に掲げられ、「フライング・イヤー」や「プロペラ形の耳」と言われる形に掲げられます。
背は真っ直ぐで、筋肉質です。
尻はかなりの傾斜があり、幅広く、やはり筋肉質です。
胸は幅が狭く、深く、肘まで達しています。
尾は尾付きは低く、根元は細く、先端に行くに従ってさらに細くなります。
低く掲げられ、付け根から半分は真っ直ぐで、あとの半分はカーブしています。
尾が背にかかっているもの、また自然であれ、人工的であれ、無尾のものや、短尾のものは認められません。
皮膚はボディ全体に薄く、ぴったりと付いているが、肘だけは多少ゆるいです。

被毛は短く滑らかで、毛は薄く、光沢があります。
毛色はフォーン、レッド、グレー、ブルー(明るい灰色)、クリーム、ホワイト、ブラック、スレート・グレー、イザベラ(栗毛色)などと、これらを地色として白のマーキングが入ったものがいます。
単色を理想とされています。
しかし、ブラック・アンド・タン、ブルー・アンド・タン、ブリンドルは犬種基準として認められておらず、JKCでは血統書の発行は行えません。

性格 繊細で感受性が強く、気性は穏やかで優しい性格で、ストレスをためやすい面があります。
活発で走ることが非常に好きでスタミナもありますが、日本の厳しい気候には弱く、夏冬は一日中外で遊べるほどの体力があるのは若犬のうちだけでしょう。
体重   3~5kg
体高  32~38cm

イタリアングレーハウンドの健康

骨折しやすい傾向があります

イタリアングレーハウンドの平均寿命は、13歳ほどといわれています。

かかりやすい病気で、CDA脱毛症(カラー・ダイリューション・アロペシア)というものがあります。
ブルーの因子を持つ犬で、ブルーの毛色部分が脱毛してしまうという病気です。

遺伝病以上に起きやすいのが、骨折です。
体重が軽く跳躍力があるものの骨は細く、ベンチくらいの高い所から飛び降りて骨折ということもあるようです。

イタリアングレーハウンドの運動

毎日30分程度の散歩

運動量が必要な犬種ですので、毎日30分程度の散歩は心掛けましょう。

寒い時期や酷暑の時期は、散歩は控えて、空調管理のできる室内でたっぷりと遊んであげましょう。
気候の良い時期はドッグランなどで思う存分走らせてあげるのも良いでしょう。
太ってしまうと関節に負担がかかり、細い骨が折れやすくなってしまうことがあります。

イタリアングレーハウンドのしつけ

しつけはそれほど難しくない

イタリアングレーハウンドは明るく大変おだやかですので、しつけはそれほど難しくはありません。
子供や他犬、小動物とも仲よくできますが、辛抱強さのあまりストレスを内面にためてしまうことで、病気の原因になることがあります。

ただ、繊細さ故に人見知りをする子もいるので、子犬の頃から様々な人や多くの犬と交流させ、社会性を身に付けましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

イタリアングレーハウンドの手入れ

抜け毛が少なく手入れはしやすい

短毛で抜け毛が少なく手入れはしやすいです。
タオルで体を拭いてあげたりすれば、良いでしょう。

シャンプーも月に1度程度で良いでしょう。
あまり、シャンプーをし過ぎると、皮膚が乾燥しやすくなったり毛艶が悪くなったりする原因になります。

寒さには特に弱く、気候に応じて衣類を着用させることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA