ドーベルマンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ドーベルマンの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ドーベルマンの歴史

 19世紀末期、ドイツのテューリンゲン州のブリーダーである「カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン」によって、警備犬として「ジャーマン・シェパード・ドッグ」と「ジャーマン・ピンシャー」、「ロットワイラー」、「マンチェスター・テリア」との交配により作出されました。
ドーベルマン

外見  「犬のサラブレッド」とも呼ばれ、細身だが全体的に筋肉質で優美なスタイルを備え、敏捷性と走力に優れます。
体毛は極め短く、毛色は一般的にブラック、レッド(ブラウン、チョコとも呼ばれる)が多く、ブルー、イザベラ(フォーン)等もあります。また眼窩周辺、鼻口部、胸、足先にタン色のマーキングがあります。稀にアルビノである白い個体も存在し、ブラックとレッド以外の毛色は色素欠乏などの理由により特定の疾病が発症しやすいため注意が必要となります。
一般的なイメージとされる尖った耳と短い尾は、子犬のときに両方とも切断、切除することで得られるスタイルであり、本来は長く垂れた耳と細い尻尾を持っています。また、この他にも前足の狼指を切断している場合も多いです。
性格  ドーベルマンは、警戒心が強く勇敢な性格とその容姿から怖いイメージがありますが、実際はとても穏やかで落ち着いています。また、飼い主や家族への愛情や忠誠心が非常に強いです。
テリトリー意識が高く、家や家族を守る防衛意識が強いため、見知らぬ侵入者には警戒心を見せますので、番犬にはピッタリです。
体重  29~41kg
体高  約66cm前後

ドーベルマンの健康

大型犬ですので、「股関節形成不全」と「胃捻転」には注意が必要です。特に「胃捻転」は死に至る疾患ですので、食事のドカ食いや食後の運動はしないようにしましょう。

ドーベルマンの運動

美しい容姿の維持も含めて、1回1時間以上の散歩を1日2回は行って欲しいです。

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

ドーベルマンのしつけ

繊細ではあるが神経質ではない性格で、知的で洞察力があり、訓練による制御がしやすい犬です。 通りすがりに不意に小動物を追いかけたり、ドッグランなどで小型犬を追ってしまうことがあります。しっかりと制御するためにも、日々の訓練を行うことが大切です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ドーベルマンの手入れ

短毛ですので被毛の手入れはとても楽です。定期的にブラッシングを行ってあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA