ドゴ・アルヘンティーノの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ドゴ・アルヘンティーノの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ドゴ・アルヘンティーノの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ドゴ・アルヘンティーノの歴史
  • ドゴ・アルヘンティーノの特徴
  • ドゴ・アルヘンティーノの健康
  • ドゴ・アルヘンティーノの運動
  • ドゴ・アルヘンティーノのしつけ
  • ドゴ・アルヘンティーノの手入れ

ドゴ・アルヘンティーノの歴史

ピューマやイノシシの狩りで活躍

ドゴ・アルヘンティーノは、アルゼンチン原産であり、別名は「ドゴ・アルベンティーノ」、「アルゼンチン・ドゴ」、「アルゼンティニアン・マスティフ」などがあります。
アントニオ・ノーレス・マルティネス博士の手により誕生した犬種です。
1925年に作出が開始され、スペインから闘犬種の絶滅犬種である「コルドバ・ドッグ」の雌を10頭入手し、「イングリッシュ・ポインター」が交配され、穏やかで優しくも体力のある「ボクサー」、サイズを大きくし、脚を長くするための「グレート・デン」、勇猛果敢で痛みに強い「ブルテリア」、更に忠実さと勇敢さを強調し胸を広くさせるための「オールド・イングリッシュ・ブルドッグ」、優れた狩猟能力を加えるための「アイリッシュ・ウルフハウンド」、アゴの強化のため「ボルドー・マスティフ」、穏やかな性格を強調し、純白のコートにするための「グレート・ピレニーズ」、コートを短くし、力を強くするための「スパニッシュ・マスティフ」を順次交配させ作出されました。
本来は闘犬として作出が始まったが、路線変更により多くの犬種を交配させ、1947年に完成したドゴ・アルヘンティーノはピューマやイノシシの狩りに使われました。

ドゴ・アルヘンティーノの特徴

つぶらな瞳で非常に短い白い被毛が特徴

外見

非常に短いホワイトのスムースコートの下からピンクの肌が透けて見えるのが特徴です。
筋骨隆々のたくましい体型で力が強く、嗅覚も非常に優れています。
元々の垂れ耳を断耳して立たせる場合もありますが、尾は飾り下のない垂れ尾で断尾しません。
目はつぶらで小さく、瞳の色はブラウンもしくはブルーです。

性格

性格はとても明るく天真爛漫で、人間に対しては友好的です。
また飼い主には忠実で、時に甘えたがりの一面もみせてくれます。
ただ、気が強く、とても攻撃的な犬種なので、多頭飼いには向きません。

体重  36 ~ 45kg
体高  61 ~ 69cm

ドゴ・アルヘンティーノの健康

比較的病気も少なく、健康的

ドゴアルヘンティーノの平均寿命は約11~12年ほどです。
比較的病気も少なく、健康的ですが、大型犬ですので、股関節の形が異常な形になっている「股関節形成不全」や胃が捻じれる「胃捻転」に注意が必要です。
ドカ食いには注意しましょう。
また、ダニの寄生により皮膚に炎症が生じる「毛包中症」にも気を付けましょう。

ドゴ・アルヘンティーノの運動

1日2回、合計1時間の散歩

かなりの運動量を必要とします。
散歩は1日2回、合計1時間以上は行って、運動量を確保してあげてください。
また、広い場所で自由運動やボール遊びをして体を動かしながらストレスを緩和してあげることがおすすめですよ。

ドゴ・アルヘンティーノのしつけ

初心者の飼育は難しい?

飼い主には忠実ですが、攻撃性が高く、初心者の飼育は難しいでしょう。
しっかりとした主従関係を築くことで、飼い主に対して非常に従順になります。
散歩などで幼犬期から知らないたくさんの人や動物と接する機会を多く持たせ、社会性を育むことは必須となるでしょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ドゴ・アルヘンティーノの手入れ

被毛の手入れはとても楽?

ドゴ・アルヘンティーノは短毛なので、手入れは非常に楽です。
週に1回程度、硬く絞ったタオルで全身を拭いて汚れを取ったり、ラバーブラシでマッサージを兼ねて抜け毛を取り除いてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA