ビアデッド・コリーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ビアデッド・コリーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ビアデッド・コリーの歴史

ビアデッド・コリーは、イギリス・スコットランド原産で、犬種名は英語の「髭を生やしたコリー」の意味です。
1514年にスコットランドにて「ポリッシュ・ローランド・シープドッグ」の雄1頭とメス2頭と、地元の使役犬である「ハイランド・コリー」と交配させて作出されました。
第二次世界大戦の際には頭数が激減し、絶滅寸前となりました。犬種クラブをも解散せざるを得なくなり、絶滅は時間の問題でした。しかし、思わぬ偶然によってビアデッド・コリーは今日まで生き残ることができました。1940年代にオリーブ・ウィルソン夫人が自分の農場で使役するために「シェットランド・シープドッグ」の仔犬を注文したところ、注手違いにより「ビアデッド・コリー」の仔犬を譲られました。この雌のビアデッド・コリーはジェニーと名づけられ夫人に大変可愛がられ、育てられましたが、成犬になってようやくシェットランドではないことに気づきました。夫人はこの犬種に興味を持ち、絶滅寸前であることを知るとジェニーの相手を探してブリーディングを行うことを決めました。ビアデッド・コリーの頭数は非常に少なく、捜索は難航しましたが、1944年1月、英国南部の農家で純血のビアデッド・コリーの雄であるベイリーという名の犬が発見され、ジェニーとベイリーから生まれた犬たちをもとにブリーディングを進め、遺伝子プールの改善のために「オールド・イングリッシュ・シープドッグ」も交配され、こうしてブリードされた犬たちは高い評価を受けました。その後、1955年ごろに犬種クラブが再結成されました。
ビアデッド・コリー

外見  マズルと脚は短めだが、意外と身体能力は高いです。頭部は大きく、やや角ばっていて、ストップがあります。耳は垂れ耳、尾は垂れ尾で、耳と尾には飾り毛があります。
中でも最大の特徴は、顔を含め全身を覆うやわらかく長い毛です。その被毛は水を弾くので雨にも強く、防寒性も高いです。毛色はホワイト・アンド・ブルーやホワイト・アンド・スチールなど。
性格  陽気で活発な甘えん坊な性格です。反面、知的で落ち着いていて判断力もあります。
家族に対してとても愛情深く、ほかの犬ともフレンドリーな親しみやすい犬種です。
体重  約25kg
体高  51~56cm

ビアデッド・コリーの健康

ビアデッドコリーは「膿皮症」、「天疱瘡」、「アトピー性皮膚炎」などの皮膚疾患にかかりやすい犬種とされています。
その他では「肘脱臼」や、「白内障」、「角膜ジストロフィー」、「進行性網膜萎縮」などがあげられます

ビアデッド・コリーの運動

毎日1時間程度の散歩を2回程度はしてあげてください。可能であればドッグランで走らせたり、アジリティなどのスポーツに挑戦したりするのも良いでしょう。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

ビアデッド・コリーのしつけ

大変賢い犬ですので、しつけは難しくありません。信頼関係を気づき、愛情を持って、しつけしましょう。かけがえのないパートナーとなってくれます。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ビアデッド・コリーの手入れ

長毛でダブルコートの被毛ですので、できれば毎日、少なくとも週に3~4回以上はブラッシングやコーミングをしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA