ラサアプソの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

シーズーによく似た犬種であるラサアプソとは?

ラサアプソは、シーズーの元となった犬種でもあり、見た目も似ています。
ラサアプソもシーズーも小型犬ですが、ラサアプソの方が少し大きめです。

警戒心が強く、よく吠える性質ですので、無駄吠えのしつけはしっかりと行った方が良いでしょう。
ただ、頑固な一面がありますので、根気よくしつけをしなくていけません。

被毛を床に付くほどまで伸びるので、定期的なトリミングが必要となります。
以上から、比較的飼いやすい犬種であると言えます。

ここでは、ラサアプソの特徴や性格・外見・病気・しつけなど飼い方の詳細をまとめいますので、是非ご参考になさって下さい。



ラサアプソの歴史

800年以上の歴史がある聖なる犬

ラサ・アプソはチベット原産で、チベタン・スパニエルやチベタンテリアと近縁であり、800年以上の歴史があります。
チベット奥地の僧院で飼育されていた聖なる犬の1つと考えられています。
幸運を招く魔除けの犬と呼ばれ、チベットの僧侶や王侯貴族の人たちから大切にされていました。
その聖なる犬であるラサ・アプソは、権力の象徴という意味合いもあり、一般庶民が飼う事はおろか、門外不出とされていました。
その禁を破れば、極刑に処される事もあったそうです。

犬種名の由来は、チベット仏教の聖都ラサ市と、アプソはチベット語でヤギを意味する「ラプソ」からきたものです。

17世紀頃からダライ・ラマは、中国の皇帝や皇族に、「ラサ・アプソ」を貢物として献上する習慣があり、1908年ダライ・ラマが清朝最後の宣統帝まで続きました。

中国の宮廷に古くからいたペキニーズと交配して誕生したのがシーズーであるとされています。
ラサ・アプソは大変優れた聴覚を持ち、家族と来客と盗人の足音を聞き分け、吠えて知らせることで僧院を守っていたと伝えられています。
1922年にチベット国境を訪れたエリック・ベイリー夫妻により、純粋なラサ・アプソがイギリスへ持ち帰られて、繁殖の基礎となりました。
また1930年代にはダライ・ラマからの贈り物としてアメリカへと渡りました。

1934年にラサ・アプソとして、イギリスケンネルクラブに登録されることになりました。

ラサアプソの特徴

見た目は優美だが、用心深くよく吠えます

ラサアプソは体高より体長が長く、小型犬ではありますが胸幅が広いです。
意外にしっかりした体格をしています。
理想の体高はオス25.4cm、メスはやや小さいとされています。

被毛はダブルコートで、まっすぐ伸びて長く、聖なる犬らしいゴージャスで威厳がある優美な姿を持ちます。

マズルは短く垂れ耳です。
シーズーによく似ていた外見をしていますが、元々シーズーはラサ・アプソとペキニーズをかけ合わせて生まれた犬種です。
ただ、シーズーよりは少し大きめです。

ラサ・アプソの性格は意外と陽気で活発です。
家族には深い愛情を示しますが、他人には素っ気ない態度を取る事もあります。
警戒心が強く、頑固な面もあるので、しつけは辛抱強く行う必要があります。
吠えやすい犬種ですので、子犬の頃から無駄吠えのしつけをすることが大切です。

ラサアプソ
外見

体高より体長が長く、胸は広くて深くがっちりした体形です。
鼻は黒く大きく、目の色は暗色で、形状はアーモンド形かオパール形です。
被毛はダブルコートで、美しい長毛です。
毛色は、ホワイト、ブラウン、ブラック、ゴールデン、サンド、ハニー、ダーク・グリズル、スレート、スモーク、パーティ・カラーなど様々です。

性格

性格は陽気で活発ですが、見知らぬ人には用心深い傾向があります。
飼い主に対しては忠実で服従心が強く、とても家族思いです。
また、何かに反応してよく吠えます。

体重  約6kg
体高  22~28cm

ラサアプソの健康

比較的健康な犬種

遺伝的な病気が少なく、比較的健康な犬種です。
ただ、呼吸器疾患と皮膚病には気を付けましょう。
鼻を鳴らすような「フガッ、フガッ」というような苦しそうな呼吸をしていたら、、鼻の穴が狭くなる鼻腔狭窄の疑いがありますので、病院へ連れて行くのが無難でしょう。

ダブルコートで見たかな被毛を有していますので、暑さには弱いです。
夏場などの暑い時期は、エアコンで過ごしやすい環境を整えてあげて下さい。

ラサアプソの食事

年齢や体調に合わせて調整

サアプソの食事は、成犬の場合1日2回が目安です。
子犬のときや老犬になってからは1日3〜4回です。
「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢や体調に合わせて調整してください。
食欲旺盛ですが、餌の与えすぎにも注意が必要です。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ラサアプソの運動

毎日30分程度の散歩で十分

毎日30分程度の散歩で十分です。
ただ、がっちりとした体格でもありますし、比較的多めの運動量もこなす事も可能です。
また。遊ぶことが大好きない犬種なので、室内でもおもちゃなどを使って、たっぷりと遊んであげましょう。

ラサアプソのしつけ

しつけは比較的しやすいです

賢く忠実なので、しつけの覚えは早いですが、プライドが高く頑固な面もあるので、根気よくしつけましょう。

特に警戒心が強く、吠えやすい性質ですので、無駄吠えのしつけが必ず行いましょう。
可愛いからと言って甘やかし過ぎると、わがままな子になってしまいますので、きちんとメリハリのある生活を心掛けましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ラサアプソの手入れ

トリミングなどのお手入れは必須

ラサ・アプソはダブルコートの長毛で、床に引きずるほど長く伸びます。
ですので、トリミングなどのお手入れは必須です。
オーバーコートは硬めなので特に絡まりやすいというわけではありませんが、毛玉の予防のためにも出来れば毎日、コームブラシで手入れをしてあげると良いです。
皮膚病予防でアンダーコートの下に空気を入れるためにも、最低でも1日おきの週3回はブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

また、定期的にプロのトリマーさんにお願いして、トリミングも行いましょう。

まとめ

✔ 優美な印象だが、警戒心が強く吠えやすい
✔ 賢く忠実なので、しつけの覚えは早い
✔ 被毛の手入れは毎日

ラサ・アプソは聖なる犬と言われていただけに品があり優美な容姿をしています。
そんな見た目とは裏腹に、とても警戒心が強く、よく吠える特性があります。
また、シーズーの元となった犬種だけあって、少し大きめですがよく似ています。

賢くて飼い主に対して従順でもあるので、しつけの覚えは早いでしょう。
ただ、頑固な面があるので、根気よくしつけを行う必要があるでしょう。
特に吠えやすい特性があるので、無駄吠えのしつけは必須となると思います。

被毛のお手入れは必ず行いましょう。
かなり長くまで伸びるので、毛玉防止と皮膚病予防の観点から、出来れば毎日ブラッシングをしてあげて下さい。

ラサ・アプソは、とても陽気でありながら品のある犬種です。
遊び好きでとても可愛いですが、甘やかし過ぎるとわがままになってしまいますので、気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA