犬の泌尿器疾患

犬の泌尿器疾患 一覧リスト~膀胱炎や腎不全、尿石症など~

泌尿器とは、尿に関わる器官(腎臓・尿管・尿道・膀胱など)のことを指します。
泌尿器に疾患がある場合は、おしっこの回数が多い・少ない、水をたくさん飲む、血尿が出た、元気がない、食欲がない、などの症状をみせる事が多いです。
加齢とともにかかりやすい腎不全や若い年齢からもかかる尿石症や膀胱炎などがあり、最悪の場合は命を落とす危険な疾患もあります。

急性腎不全
犬の急性腎不全とは、腎臓が突然機能不全に陥り、体にとって有害な物質を体外に排出できなくなった状態を言います。慢性腎不全では数ヶ月~数年かけて徐々に腎臓の機能が低下していきますが、急性腎不全の場合はたった1日で急激に悪化します。ここでは、犬の急性腎不全の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめています。

慢性腎不全
犬の慢性腎不全とは、尿のろ過を行っているネフロンが緩やかに壊れていき、腎臓が慢性的に機能不全に陥った状態のことです。ここでは、犬の慢性腎不全の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。

急性糸球体腎炎
犬の急性糸球体腎炎とは、腎臓内部にある糸球体と呼ばれる部分に急性の炎症が発生した状態を言い、急性腎炎とも呼ばれます。本来であれば尿と一緒に排出されるはずの老廃物が血中に残ったままになってしまいます。ここでは、犬の急性糸球体腎炎の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめています。

ネフローゼ症候群
犬のネフローゼ症候群とは、腎臓の糸球体(しきゅうたい)という部分の障害によって高濃度のたんぱく尿になり、血中のたんぱく濃度が極端に低下した状態を指す腎臓疾患群の総称です。
ここでは、犬のネフローゼ症候群の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

水腎症
犬の水腎症とは、尿を排出する管の通りが悪くなり、腎臓内部におしっこがたまってふくらんでしまった状態を言います。主な症状としては、食欲が無くなったり、水を大量に飲んだりなどがあげられます。ここでは、犬の水腎症の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。

アミロイドーシス
犬のアミロイドーシスとは、アミロイド」呼ばれる細い形状をしたタンパク質の一種が細胞と細胞の間に沈着し、様々な症状を引き起こす状態のことです。
最悪の場合には肝臓や腎臓が機能不全に陥り、命の危険があります。
ここでは、犬のアミロイドーシスの主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめています。

膀胱炎
膀胱炎は、おもに尿道から入った細菌が尿管を伝って逆行し、膀胱に達して炎症を引き起こした状態のことを指します。 膀胱炎の代表的な症状は、頻尿、尿がほんの少ししか出ないなど。ここでは、犬の膀胱炎の主な原因はもちろん、症状から対処法、予防法や再発を繰り返す理由などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

腎盂腎炎
犬の腎盂腎炎とは、腎臓の中の腎盂と呼ばれる部分に炎症が発生し、腎臓が機能不全を起こした状態を言います。感染していても症状を示さない場合がよくあるため、潜在的な感染率はかなり高いと言われています。ここでは、犬の腎盂腎炎の主な原因はもちろん、症状から対処法、予防法などをまとめていますので、是非ご参考になさってみて下さい。

腎結石
犬の腎結石とは、腎臓内の腎盂と呼ばれる部位に結石が発生した状態を言います。 結石が小さい場合は症状を示さないこともありますが、結石が大きくなると急性腎不全を表すこともあります。 ここでは、犬の腎結石の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種、予防方法などをまとめていますので、是非ご参考になさってみて下さい。

膀胱結石
犬の膀胱結石は、尿をためる袋とも言うべき膀胱に結石を生じた状態を言います。結石は石のように固くて丸く、大きさは数 mmから数 cmで、時には膀胱と同じくらいの大きさまで巨大化することもあります。ここでは、犬の膀胱結石の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非参考になさってください。

尿道結石
犬の尿道結石とは、膀胱と尿を体外に出すときの通り道である尿道に結石が生じた状態を言います。尿道とは、膀胱内にたまった尿を体外に排出するときのパイプであり、オスよりもメスの方が短くできています。ここでは、犬の尿道結石の主な原因はもちろん、症状から対処法などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA