犬の慢性腸炎

犬の慢性腸炎~愛犬の下痢が長い間にわたって続いたら~

 犬の慢性腸炎とは、小腸と大腸の粘膜上で、繰り返し炎症が起こる状態のことです。
 急性腸炎では、比較的激しい症状が突然発症しますが、治療すればすぐに回復していきます。
 慢性腸炎は基本的に自然に治ることはありません。
 急性胃腸炎の治療をしてもなかなか治らず、症状が軽減してもすぐに再発し長期的な経過をたどるものです。

「炎症」とは、体内における異物を除去するため、「炎症細胞」と呼ばれる特殊な細胞が集合して、各種の化学反応を起こすことです。
 慢性腸炎では、好酸球、Tリンパ球、肥満細胞(マスト細胞)、好中球、好塩基球など、様々な免疫細胞が粘膜固有層に見られることから、別名「炎症性腸疾患」(IBD)とも呼ばれます。

ここでは、犬の慢性腸炎の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。


  • 犬の慢性腸炎の主な症状
  • 犬の慢性腸炎の主な原因
  • 犬の慢性腸炎の主な治療法
  • 犬の慢性腸炎の予防

犬の慢性腸炎の主な症状

犬の慢性腸炎の代表的な症状は、長い間にわたって続く下痢です。
さらに症状が悪化してくると、嘔吐するようになり、体重も減ってきます。

主な症状
☆嘔吐
☆下痢
☆口が臭い
☆水を大量に飲む
☆おしっこが増える
☆おなかが鳴る

犬の慢性腸炎の主な原因

 慢性腸炎の原因は様々で、思いもよらぬ大きな病気が隠れていることも少なくありません。

  • 感染症
    発症には、ジアルジア(原虫)、サルモネラ(菌)、カンピロバクター(菌)の感染が関与していると考えられています。

  • 食物アレルギー
    動物性タンパク質、食品添加物、人工着色料、保存料、乳タンパク、小麦グルテンが、ある種の食物アレルギー を引き起こしている可能性があります。

  • かかりやすい犬種
    特定の犬種における発症率が高いことから、遺伝が何らかの関わりを持っていると推測されています。
    かかりやすい犬種は下記の通りです。

    バセンジー
    ノルウェジャンルンデフンド、
    フレンチブルドッグ
    ボクサー
    アイリッシュセッターなどです。

犬の慢性腸炎の主な治療法

  • 原因となる別の疾病の治療
    別の疾病によって慢性腸炎が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療
    が施されます。
    たとえば寄生虫が原因のときは駆虫薬の投与、腫瘍が原因のときは外科手術による切除、抗がん剤治療などです。

  • 対症療法
    一般的に慢性腸炎は完治するのが難しい疾患ですので、疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます。
    具体的には腸粘膜の炎症を抑えるためステロイドが投与されたりしますが、生涯にわたって投薬治療が必要となるケースもままあります。

犬の慢性腸炎の予防

 犬の慢性腸炎は、寄生虫感染によりなることがあるので、特に子犬は糞便検査を行い、寄生虫の感染がないかを確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA