犬の腎結石(じんけっせき)

 腎臓内の腎盂と呼ばれる部位に結石が発生した状態を言います。
 腎盂(じんう)とは、腎臓と尿管の接続部で、漏斗状に広がっている部分のことで、この腎盂に発生した結石のことを特に腎結石と称します。結石が小さい場合はほとんど症状を示さないこともありますが、結石が大きくなるとときに急性腎不全のような症状を表すこともあります。

結石を構成している物質は、多い順にシュウ酸カルシウム、ストルバイト、尿酸アニモニウム塩、リン酸カルシウム、シスチンで、好発年齢は9歳です。

主な症状
☆(結石が小さい場合)無症状
☆(結石が大きい場合)急性腎不全
☆(尿路感染症の併発で)尿のにごり

 

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

犬の腎結石の主な原因

  • 腎臓で生成された尿が通る道を尿路といい、ここに細菌が感染することを尿路感染症といいます。尿路感染症にかかっていると、結石の核となる臓器の表皮などが増えやすくなり、また尿がアルカリ性に傾くことから、結石ができやすくなると考えられています。具体的には腎盂腎炎などです。
  • 食事の偏りにより、尿がアルカリ性や酸性になると結石を生じやすくなります。アルカリ尿ではストルバイト、リン酸カルシウム結石、酸性尿ではシュウ酸カルシウム、尿酸塩、シスチン、キサンチン結石のリスクが高まります。
  • この病気を発症しやすい犬種がいくつか確認されています。シュウ酸カルシウム結石はミニチュアシュナウザーヨークシャーテリアラサアプソプードルシーズー、ストルバイト結石はミニチュアシュナウザー、ビションフリーゼ、ヨークシャーテリア、ラサアプソ、プードル、尿酸塩結石は、ヨークシャーテリア、ダルメシアンブルドッグ、シスチン結石はニューファンドランドです。

 

犬の腎結石の主な治療法

  • 腎臓内の結石に対し、体の外から超音波を当てて砕くという治療法があります。これは「体外衝撃波結石破砕治療」(ESWL)と呼ばれており、比較的安全性が高いとされます。砕かれた結石は尿管を通って膀胱に下降し、おしっことして自然排出されます。ただし妊娠中の適用は禁忌です。
  • 閉塞を伴っていたり、シュウ酸カルシウムなど薬物の影響を受けにくい結石ができてしまった場合は、外科手術によって結石を取り除きます。この場合、腎臓を切り開いて中に溜まった結石をつまみだすという作業が必要です。
  • 尿路感染症を併発している場合は、抗生物質の投与などが行われます。
  • 尿の極端なアルカリ性、または酸性への偏りをなくすため、獣医師監修の元、適切な食事内容に切り替えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA