ポリッシュ・ローランド・シープドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ポリッシュ・ローランド・シープドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ポリッシュ・ローランド・シープドッグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグの歴史
  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグの特徴
  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグの健康
  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグの運動
  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグのしつけ
  • ポリッシュ・ローランド・シープドッグの手入れ

ポリッシュ・ローランド・シープドッグの歴史

第二次世界大戦時には絶滅寸前に

ポリッシュ・ローランド・シープドッグは、ポーランドのローランド地域原産で、「ポリッシュ」とも呼ばれています。
愛好家の間では「PON」という愛称で親しまれています。

16世紀には既に存在が確認されており、「チベタン・テリア」や「プーリー」などの犬種を掛け合わせて作出されたといわれています。
主に牧羊犬として活躍していました。
第二次世界大戦が勃発した際には、賢く勇敢な一面から軍用犬として使われ、命を落とす犬も多く、絶滅寸前となりました。
戦後は愛好家がポリッシュ再興のためポーランド中を捜索し、150頭の生き残りが確認され、その中から犬種標準に準じた育種にふさわしい犬を選んで雄2頭と雌6頭が最終的に選択され、これを基礎として繁殖を進め、頭数は徐々に回復していきました。

ポリッシュ・ローランド・シープドッグの特徴

がっしりとした体型で、賢く温厚

外見

がっしりとした筋肉質の引き締まった体型をしており、足は短めです。
目は小さめで、マズルも短く、耳も尾も垂れています。
生まれつきしっぽのない個体が多いものの、しっぽのある個体が生まれることもあります。
最大の特徴は顔の上半分を覆うほどに伸びた、長く柔らかいシャギーコートで、毛色はホワイト・アンド・ブラックやホワイト・アンド・グレー、グレーなどがあります。

性格

活発で明るく、温厚な性格です。
飼い主に対して従順で、家族思いのとても優しい犬種です。
賢く洞察力があり、大変穏やかな性格の犬です。

体重  13~16kg
体高  42~50cm

ポリッシュ・ローランド・シープドッグの健康

遺伝的にかかりやすい疾患があります

気を付けたい疾患は、「膿皮症」や「肺水腫」、「溶血性貧血」です。
ポリッシュローランドシープドッグは中年期以上になると、「甲状腺機能低下症」になる場合があります。
また、垂れ耳ですので、「外耳炎」にも注意が必要です。

ポリッシュ・ローランド・シープドッグの運動

毎日1時間程度の散歩を1日2回

毎日1時間程度の散歩を1日2回程度行ってあげましょう。
また、ドッグランで自由に走らせたり、ボール遊びをしてあげたりしてあげましょう。

ポリッシュ・ローランド・シープドッグのしつけ

しつけはしやすい

状況判断に優れ、賢くもあるので、しつけはしやすいです。
家族との絆が深い犬種ですので、幼犬から家族との時間を多く作り、絆を深めましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ポリッシュ・ローランド・シープドッグの手入れ

手入れは大変

被毛の量は多く、絡みやすいので、毛玉を予防するためにも、毎日のブラッシングを行いましょう。
また、週1~2回程度は耳掃除を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA