ジャーマンスパニエルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

意外にフレンドリーな実用犬 ジャーマンスパニエル

小動物の害獣駆除犬として活躍していたジャーマンスパニエルですが、現在でもヨーロッパを中心に実用犬として活躍しています。

ここでは、ジャーマンスパニエルの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



ジャーマンスパニエルの歴史

優秀な猟犬を目的として生まれた犬種

「ジャーマン・スパニエル」は、ドイツ原産のスパニエル犬種です。

19世紀後半に優秀な猟犬種の作出を計画し、「シュトーバー」をベースとして、作出が開始され、多くのスパニエル種の血が導入され、1903年に完成しました。

主にウズラやノウサギを茂みから追い出すのに使われ、主人とペアになって猟を行い、獲物を嗅覚で捜索します。
もともと水の中からも獲物を回収していた為に、泳ぐ事も得意とするという特徴があります。
発見すると主人の指示に従って獲物を茂みからフラッシング(追い出し)して飛び立たせ、それを主人が猟銃で仕留めます。
撃ち落された獲物は「ジャーマン・スパニエル」が回収もします。
また、カナダではアメリカクロクマをセントハント(嗅覚猟)するのに使われました。
発見すると勇敢に立ち向かい、噛み留めを行います。
現在では実猟犬としてよりも、ペットとして飼育されることのほうが多いですが、日本国内ではジャーマン・スパニエルそのものは飼育されていません。

第2次世界大戦によって、その数を大きく減らしてしまい、現在でも世界的に見て希少犬となっています。アメリカなどでも飼育されていますが、大半が原産国ドイツでしいくされており、ほとんどがペット犬として飼われています。

「ジャーマン・スパニエル」は、「ダックスフント」のロングコートを作出する際に、「スムースヘアード・スタンダード・ダックスフント」との交配してコートを取り入れるために使われています。

ジャーマンスパニエルの特徴

足は太く短く、忠実で愛情深く繊細な性格

ジャーマンスパニエルは嗅覚に優れており、泳ぐことが得意です。
骨太で筋肉質のがっしりとした体形をしており、足は太くて短く、耳は垂れ耳です。
耳や尻尾、そしておしりには特徴的な飾り毛があります。

被毛はダブルコートで、カールのかかった密生した美しい光沢のある長い毛をしており、耐水性に優れています。
カラーは、ソリッドブラウンとブラウンローンなどがあります。

飼い主に忠実で従順で、甘えん坊な愛情深い性格をしています。
少し神経質な一面もありますが、しつけることで他の人や犬に対してフレンドリーに接してくれます。
また、cd警戒心が強いので番犬にも向いている犬種です。

外見

筋肉質のがっしりとした体つきをしていおり、脚は短めで太いです。
頭部は大きめでマズルは太く、垂れ耳、垂れ尾です。
耳や尾、臀部には飾り毛があり、コートはダブルコートで、ウエーブがかった厚めで柔らかなロングコートです。
毛色はブラウン・アンド・クリアーなどです。

性格

性格は忠実で愛情深く繊細であり、若干内向的で神経質な一面もあります。
警戒心が強いので番犬にも向いています。
また、非常に穏やかな性格をしていて、人間に対しては友好的な性格で、子供に対しても友好的な性格です。

体重  20~28kg
体高  44~54cm

ジャーマンスパニエルの健康

平均寿命は12~14年ほど

ジャーマンスパニエルの平均寿命は12~14年ほどです。

大型犬ですので、運動のしすぎることによる「関節疾患」や「胃捻転」には注意が必要です。
特に「胃捻転」は死に直結する恐ろしい疾患です。
食事のドカ食いを防ぐためにも2回以上に分けて与え、食後は安静に過ごさせましょう。
胃捻転は胃が捻じれる事によって、胃の中でガスが溜まり、胃が拡張していきます。
結果、周囲の臓器を拡張した胃が圧迫してしまい、全身の血流を止めてしまいます。
ぐったりとしていたり、苦しそうにしていたら、一刻も早く病院に行きましょう。

また、「皮膚炎・皮膚病」などに注意が必要で、特に垂れ耳ですので、週1回程度は綿棒と耳の掃除をして、「外耳炎」の予防をしてあげてください。

ジャーマンスパニエルの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ジャーマンスパニエルの運動

毎日1~2時間程度の散歩

活発な犬種ですので、運動量はそれなりに必要です。
毎日1~2時間程度の散歩と時には広い水辺やドッグランなどで遊ばせてあげる必要があります。
運動不足になるとストレスが溜まり、無駄吠えなどの問題行動の原因ともなりますので、毎日しっかりと運動を心掛けてあげて下さい。

ジャーマンスパニエルのしつけ

さまざま人や多くの犬との接点を持たせましょう

しつけの飲み込みは早い方ではありませんが、しつけは決して難しいタイプではありません。
子犬の頃からさまざま人や多くの犬との接点を持たせ、社会性をしつけることでフレンドリーになってくれます。

また、独立心も強いので根気強くしつけましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ジャーマンスパニエルの手入れ

週に1~2回程度ブラッシングを

長毛種なのでもつれや絡みを防ぐために、週に1~2回程度ブラッシングをしてください。
垂れ耳なので、「外耳炎」予防のためにも、定期的に耳掃除を心掛けましょう。

シャンプーは月に1~2回を目安に行うようにしましょう。

ジャーマンスパニエルの価格

海外から輸入となると、倍の60万円が目安

ジャーマンスパニエルは、ペットショップで見かける事はまずありません。
もしも家族に迎え入れるのであれば、ブリーダーさんから直接購入する方法がメインとなります。
その際の値段ですが、30万円が目安となります。
海外から輸入となると、倍の60万円が目安となるでしょう。

ブリーダーさんから直接購入する際は、必ず現地へ行き、飼育環境やブリーダーさんの人柄などを確認し、信頼できるかを見極めたうえで決定するようにしましょう。

まとめ

✔ ナイーブで愛情深い甘えん坊

ジャーマンスパニエルは、やや内気な性格をしており、飼い主に寄り添う事を好む傾向があります。
大きな体で甘えん坊なところは、とても愛らしく感じるでしょう。

ただ、体が大きく、抜け毛も多いので、飼う場合は手入れや体重コントロールをしっかり念頭に置くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA