キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

柔らかく美しい被毛に整った顔立ちが人気のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル。
一般的に「キャバリア」と呼ばれるこの犬種は、性格も良く、利発で飼いやすいこの犬種がなぜ人気なのかが分かりますか?
それは見た目が良く、性格も良いからです。

ここでは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細をまとめていますので、是非ご参考になさってください。



キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの歴史

チャールズ2世時代の絵に近い個体を求めて誕生

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、イギリス原産の小型犬です。

名前はとても似ていますが、犬種としては「キング・チャールズ・スパニエル」と「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」は別の犬種です。

長らくチャールズ1世・2世に代表されるイギリス王室の愛玩犬として愛されてきましたが、18世紀になると「トイ・スパニエル(キング・チャールズ・スパニエル)」にかわって、ヨーロッパでは短吻種の犬が流行、その影響を受け「パグ」などの東洋の犬を交配し出来た犬種が、現在の「キング・チャールズ・スパニエル」です。

19世紀初頭、チャールズ2世時代の絵画を見たアメリカ人、ロズウェル・エルドリッジが、その姿の復活を求めて25ポンドという、当時としては莫大な懸賞金をかけました。
その結果、ブリーダーたちは競ってキング・チャールズ・スパニエルから時折産まれるマズルの長い先祖返りしたタイプの個体を元に、ついにチャールズ2世時代の絵に近い個体を固定化させ「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」と命名しました。

ちなみに「キャバリア」とは、「中世の騎士」という意味があるようです。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴

大きな目の愛くるしい外見で華があり、とても友好的な性格

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、丸くて大きな目と大きな垂れ耳が特徴です。
頭部は平たく、マズルは長めです。

被毛はダブルコートですので、抜け毛は多めです。
シルキーで滑らかな手触りの緩いウエーブがかかった長い被毛をしています。
成犬になると、耳や胸や足の周りに美しい飾り毛が現れます。
カラーは4種類あり、ブラック&タン(黒と赤褐色)、ルビー(赤褐色)、トライカラー(赤褐色と黒と白の3色)、ブレンハイム(赤褐色と白)です。

性格は、優しくフレンドリーで誰とでも仲良くすることが出来ます。
また、明るく遊び好きですので、小さなお子さんのいる家庭には持ってこいの犬種です。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

外見

愛らしい大きな目、大きな垂れ耳、ドーム型の平坦な頭頂で愛くるしい外見のペット犬です。
絹糸のような被毛を持ち、生後2~3年目程度から飾り毛が足・耳・胸などに発達してきます。
中世の騎士という意味の“キャバリア”の通り、気品も漂う犬種です。
毛色はブラック&タン、ルビー、ブレンハイム、トライカラーの4つの毛色が認められています。
いわゆる“キャバリア”としてよく見られるのが、オフホワイトの地色に明るい茶色の差し毛がまだら模様になっているブレンハイムといわれる毛色です。

性格

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、穏やかな性格で、明るさがある、とても友好的な犬種です。
攻撃的な一面はなく、愛情深く、ペット犬として理想的な性質を持っています。
また、勇敢で活動的な性格も併せ持っています。
人の気持ちに寄り添おうとする優しさを持ち合わせていて、その優雅な佇まいと、愛らしさは多くの人の心を癒してくれるでしょう。

体重  5~8kg
体高  30~33cm

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの健康

遺伝的な心臓疾患には注意

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの平均寿命は、11〜14年ほどです。

気をつけたい病気としては、膝のお皿の位置が本来の場所からずれてしまう「膝蓋骨脱臼」など関節に関わるものがあります。
フローリングの床などで滑りやすく、膝蓋骨脱臼などのケガや病気を引き起こす原因となるため絨毯を敷くなど気をつけてあげましょう。

また、長く垂れさがった耳は、通気性が悪く「外耳炎」等の耳の病気になりやすいため、日々のお手入れは欠かせません。

その他、キャバリアはその人気が高まるにつれて集中的に近親交配が行われたことで、「僧帽弁閉鎖不全症」などの遺伝的な心臓疾患にかかる率が高いと言われています。

脳の大きさと頭蓋骨のサイズのアンバランスによって、「脊髄空洞症」、「水頭症」などの病気も多くみられます。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの運動

1日30分程度の散歩

激しい運動量はあまり必要ありませんが、健康のためにも1日30分程度の散歩は欠かさずに連れだしてあげましょう。
遊び好きなので、コミュニケーションも兼ねて、一緒に遊んであげるゲームやスポーツなどもおススメです。

室内での運動だけでも十分という事を聞く事もあるかも知れませんが、それだけではストレスが溜まってしまい、問題行動の原因となってしまいます。
少ない時間でもいいので、気分転換に外へ連れ出してあげて下さい。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのしつけ

とてもしつけがしやすい

主人に対する愛情がとても深く人の傍らにいることを好むため、とてもしつけがしやすい犬種と言えます。
無駄吠えやかみ癖も少なく、攻撃性もないため、初心者や小さな子どものいる家庭にも問題ないでしょう。

遊び好きな性格を利用して、おもちゃを使ったゲームやクリッカートレーニングなどにチャレンジしてもよいでしょう。

厳しいしつけは全く必要ありません。
人の気持ちを読み取ることにも長けているため、普段からあまり感情的にならないよう注意しましょう。
たくさんほめて良い部分を伸ばしてあげるしつけの仕方が向いています。

愛犬がしつけをマスターしていくと、ついつい「できて当然」と思ってしまいがちになります。
そうなるとしつけができても全く褒めなくなってしまうでしょう。
でも、これでは犬たちもしつけを忘れてしまう可能性もありますので、毎回ご褒美を与える必要はありませんが、しつけができた時には、褒めてあげるなどの気持ちを伝え続けることを忘れないようにしてください。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの手入れ

毎日のこまめなブラッシングを

トリミングは必要ありませんが日々のブラッシングが欠かせません。

ダブルコートですので、換毛期になると毛がたくさん抜けます。
毎日のこまめなブラッシングが欠かせません。
スリッカーブラシやコームを使って毛玉がないように梳かします。
長く垂れた耳や四肢は絹糸のようにしなやかで柔らかい房毛でおおわれており、手入れを怠ると毛玉になってしまうので注意しましょう。

また、垂れ耳なので、「外耳炎」予防のためにも、定期的に耳掃除を心掛けましょう。

シャンプーは月に1~2回を目安に行うようにしましょう。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの価格

25~35万円が目安

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは人気犬種でもあるので、ペットショップで見かける機会もはあるでしょう。
ペットショップ以外でもブリーダーさんから直接購入する方法があり、値段は交渉次第ではペットショップよりも多少なりとも安くなりますし、ペットショップよりはおススメです。
その際の値段ですが、25~35万円が目安となります。

ブリーダーさんから直接購入する際は、必ず現地へ行き、飼育環境やブリーダーさんの人柄などを確認し、信頼できるかを見極めたうえで決定するようにしましょう。

まとめ

✔ 穏やかで優しくフレンドリーな性格

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、性格的に家庭犬としては非常に適した犬種と言えるでしょう。
小さなお子さんでも他の犬でも誰とでも仲良くなれる社交性をもっており、癖のない犬種です。
始めて犬を飼う方にはピッタリの犬種でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA