離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

パグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

パグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

パグの歴史

 中国原産であるパグは、最も古い犬種のひとつであり、祖先は紀元前2000年くらい前の古代アジアにいたとされ、当時はまだ大型犬であったと考えられています。名前の由来は諸説あり、ラテン語で「握り拳」を意味する「pugnus(パグナス)」から、または、中国語で「いびきをかいて眠る王様」を意味する「覇歌(パー・クー)」から、そして古い英語で「優しく愛されるもの」からきていると言われています。
紀元前400年の中国にて既に存在、16世紀オランダでは「ダッチマスティフ」・「ドワーフマスティフ」と呼ばれ、日本には16世紀頃にはすでに持ち込まれていました。
パグ

外見  パグはがっちりしていて筋肉質な体型です。鼻が短く、しわくちゃの顔が特徴です。耳は垂れ耳ですが、前に垂れたボタン耳と、短く巻いているローズ耳の2種類があります。目は丸く、巻き尾です。被毛は滑らかな毛並みの短毛でダブルコートです。カラーはフォーン(サンプル画像の毛色)、黒、灰、白、シルバーなど。なお、黒以外の毛色の場合は鼻から口の周辺及び耳は黒い。フォーンのパグは背中に沿って黒のトレースがあります。
性格  性格は明るく陽気で、素直でいて落ち着いています。その反面、頑固でマイペースな面もあります。
警戒心が少なく、無駄吠えも少ないので、都心のマンション飼いなどには最適です。
体重  6~9kg
体高  25~28cm

パグの健康

かかりやすい病気としては、パグ脳炎と呼ばれる「壊死性髄膜脳炎」は要注意です。突然、けいれんを起こして倒れ、重症化すると死に至ります。
原因は解明されておらず治療法がないため、ステロイドや抗けいれん薬などの投与を対症療法的に行うことになります。
その他には、「鼻腔狹窄」など、呼吸器の疾患が起こりやすいです。また、暑さと寒さ両方に弱いので、気温に沿った対応をしてあげて下さい。

パグの運動

パグは太りやすいため、毎日に30分程度は散歩に連れ出しましょう。

パグのしつけ

あまり賢い方ではないので、しつけは根気よく行いましょう。人懐こい性格で比較的飼いやすい犬種ですが、甘やかし過ぎると、頑固でわがままな子になってしまう事があります。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

パグの手入れ

パグは短毛ですが、抜け毛はありますので、ブラッシングは定期的に行ってあげましょう。
また、顔や体のしわには汚れがたまりやすく、皮膚病の原因にもなりますので、こまめにふき取ってあげましょう。

最後に

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、「こちらは保険外です」なんて事にならないように、
 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら⇒保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA