シベリアンハスキーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

シベリアンハスキーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

シベリアンハスキーの歴史

 シベリアからカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯を原産地し、極東北極圏を中心にトナカイ遊牧や狩猟を行う「チュクチ族」に、古くから犬ぞりや狩猟などを行い、重用されてきました。
名前は、「チュクチ族」を含めたエスキモーのことを「ハスキー」と呼ばれていたことに由来します。
日本国内ではバブル時代に、流行しましたが、多くの運動量が必要で、抜け毛が多いなどの理由から、飼育放棄が相次ぐという状況になってしまいました。とても残念なであり、可哀そうな歴史です。
シベリアンハスキー

外見  筋肉質でバランスの取れた体型に滑らかに伸びた毛皮のイメージをもつ美しい上毛と柔らかい下毛、狼を想わせる精悍な顔が特徴です。
被毛はダブルコートで、黒、黒青色、茶褐色、白などで、腹部は白い個体が多くあります。
性格  シベリアンハスキーは見かけによらず、人にも他犬にもフレンドリーであり、攻撃性も低いです。また、集団生活を苦とはしない社会性もあります。そのため、警戒心はあるものの、番犬向きではありません。
明るく前向きで、また責任感も強く頑固な一面もあります。
体重  16〜28kg
体高  50〜60cm

シベリアンハスキーの健康

シベリアンハスキーは眼の病を発生しやすいことで知られており、「若年性白内障」、「緑内障」、「ブドウ膜皮膚症候群」、「進行性網膜萎縮」など気をつけなくてはいけません。
また、皮膚疾患の多く、ホルモン分泌異常のほかに、日本の高温多湿の気候にハスキーの厚い被毛が合わないことも原因の一つとして考えられています。
大型犬ですので、「股関節形成不全」など、関節や骨格に疾患が現れることがあります。
重症のものでは運動制限となりますが、軽度のものは運動で筋肉を十分につけ、肥満を予防することで重症化するのを防ぎましょう。

シベリアンハスキーの運動

シベリアンハスキーは体力が非常にあるので、多くの運動量が必要です。少なくとも1日に1~2時間以上の散歩や運動が必要で、運動不足でストレスがたまると、あり余る体力を家具や犬舎にぶつけるなど、破壊的活動を行うことがあります。
また、社会性が強いため、単独での長時間の留守番はストレスになりますので、注意しましょう。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

シベリアンハスキーのしつけ

ハスキーはしつけや訓練の飲み込みが遅い印象がありますが、前向きでめげない面があるため、失敗に懲りずに繰り返すことがあります。
この性格は本当に愛すべき魅力ですので、頑張るハスキーのためにも根気よく教えることが大切です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

シベリアンハスキー(子犬)

シベリアンハスキーの手入れ

シベリアンハスキーはダブルコートの下毛はとても厚く、換毛期は相当の抜け毛を覚悟する必要があります。
ブラッシングは週に2~3回以上行ってあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA