離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

スコティッシュテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

スコティッシュテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

スコティッシュテリアの歴史

 スコティッシュ・テリアはスコットランド原産で、「スコッティ」という愛称でも知られ、「アバディーン・テリア」という別名もあります。スコッティは農場での害獣駆除やアナグマ、キツネなどの狩猟犬として、ハイランドで飼育されてきました。
昔は他のテリア種と共に「スカイ・テリア」でひと括りにされていましたが、これがスコッティの血統における混乱となりました。スコッティが「ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア」と非常に近い犬種であり、両犬種ともにパースのブラックマウント地方とラノッホ・ムーアがその起源とされています。
スコッティの公式なスタンダードについての議論が何年も続き、1930年にその特徴を後世に残すことが可能であると見なされた4頭の犬をもとにして、スタンダードが改正され、決着をしました。これら4頭の犬とその子孫はスコッティの外見、特に頭部の長さ、体高の低さ、体格がスクエア(四角)であることの改良に貢献することになりました。
また、芥川龍之介の小説にも出てくる有名なスコッチウィスキー「Black & White」のラベルに描かれている黒い犬はスコッティ、白い方はウェストハイランド・ホワイトテリアであることも知られています。
スコティッシュテリア

外見  筋肉質、丸い胸をしており、短足で頭が大きく、立ち耳で、口先は長く尖ってはいません。
被毛はダブルコート、アンダーコートは密で柔らかい、オーバーコートは密で粗いです。カラーは、ブラック、ウィートン、暗色のブリンドルがあります。
性格  スコティッシュ・テリアはとても警戒心が強く、すばしっこく、家族にはとても愛情深く、活発で遊びが大好きです。独立心が強く、知的で、非常に頑固です
優秀な番犬になり素質があります。
体重  9~10kg
体高  26~28cm

スコティッシュテリアの健康

スコティッシュテリアは、尿道結石を注意する必要があります。また、悪性腫瘍の起きやすい犬種としても知られており、肥満細胞腫、リンパ肉腫が起こりやすいとされています。
遺伝性疾患であるフォン・ビルブランド病が起こりやすい犬種です。別名を偽血友病とも呼ばれ、出血が止まらなくなる病気です。
スコッティの場合は止血因子であるフォン・ビルブランド因子の質的な異常で引き起こされるパターンが多く、根本的な治療はありませんので、対症療法となります。
子犬の歯の生え変わり時期などに、出血の様子を確認して、なかなか血が止まらないようであれば動物病院に相談しましょう。

スコティッシュテリアの運動

1日30分~1時間程度の散歩に、庭や広場などでゲームやボール遊びなどを行うことができれば最適です。
血の気が多いので、他の犬がいるドッグランなどでは、目を離さないように気を付けましょう。

スコティッシュテリアのしつけ

プライドが高く、頑固な面があるので、しつけは根気よく行いましょう。
家族に対しては大変愛情深い犬ですが、プライドが高いため、子供などにしつこくかまわれると怒って反撃することがあります。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

スコティッシュテリアの手入れ

スコティッシュテリアのオーバーコートがワイヤーのため、絡みやすいので、、週に2~3回はコーミングまたはブラッシングをしましょう。

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA