ウエストハイランドホワイトテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウエストハイランドホワイトテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウエストハイランドホワイトテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ウエストハイランドホワイトテリアの歴史
  • ウエストハイランドホワイトテリアの特徴
  • ウエストハイランドホワイトテリアの健康
  • ウエストハイランドホワイトテリアの運動
  • ウエストハイランドホワイトテリアのしつけ
  • ウエストハイランドホワイトテリアの手入れ

ウエストハイランドホワイトテリアの歴史

白い毛色を選択して生まれた犬種

ウエストハイランドホワイトテリアはイギリス原産の犬種で、「ウェスティー」という愛称で、日本でも親しまれています。
ウェスティーの先祖に当たるのは、イギリス・スコットランド地方で飼われていた、「スコティッシュテリア」、「ダンディ・ディンモントンテリア」、「スカイ・テリア」、「ケアーンテリア」やその交配から生まれた犬たちだったようです。

現在のウェスティの血統にもっとも大きな貢献を果たしたのは、ポルタロックの領主であったエドワード・ドナルド・マルコムです。
ある時、マルコムは、キツネと間違えて狩猟用に飼育していた赤茶色のテリアを撃ってしまいました。
そしてこの過ちを悔いたマルコムは白い被毛を持つテリアの作出を決心したという言い伝えがあります。
直接的には、スコティッシュテリアやケアーンテリアから時々生まれる白色の個体を選別し、固定したものがウェスティーの起源と考えられています。
当初は、彼が住んでいた土地の名前から「ポルタロッチテリア」と呼ばれていました。

アメリカでは当初ローズニース・テリアとも呼ばれ、愛好クラブも「ローズニース・テリア・クラブ」として1908年にアメリカンケネルクラブに公認されましたが、1907年にイギリスのケネルクラブによって、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの犬種名で登録され事により、翌年には「ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア・クラブ・オブ・アメリカ」に改称しています。

アメリカでは当初、ケアン・テリアとウエストハイランドホワイトテリアの交配が行われていました。
本来は別の色の犬から生まれてくる白い犬は、虚弱体質のものも多く、犬種の健全性を保つために必要な措置でした。
しかし、1917年には犬種が固定され遺伝疾患のリスクが低下したと判断され、以降は完全に別の犬種として扱われて、ケアーンテリアとの交配を禁じられました。

ウェスティーは原産国のイギリスだけではなく、アメリカでも大変人気のある犬種で、人気ランキングベスト10入りの常連でもあります。
日本では、同じ白い犬でもサイズが小さく、比較的扱いやすいマルチーズの人気が高いようですが、気の強さと甘えん坊ぶりが魅力のウェスティーも、愛好家に根強く支持されています。

ウエストハイランドホワイトテリアの特徴

社交的で人懐っこい、ぬいぐるみのような犬種

ウエストハイランドホワイトテリア
外見

一般的に、ウェスティは窪んだアーモンド形をした暗色の眼を持ち、小さく尖った立ち耳をしています。
体長は体高よりも短くなくてはならず、脚はほかのスコットランド原産のテリアよりも長めとなっています。
深い胸部、筋肉質の脚部、黒い鼻先を持ち、顎は短くシザーズ・バイトと呼ばれる咬み合わせです。
被毛は柔らかく密生したダウンコート(下毛)と粗いアウターコート(上毛)のダブルコートで、およそ5cm程度まで伸びます。
毛色はもちろん白のみです。

性格 ほかのテリアよりも、社交的で人懐っこい性格をしています。
おおむね独立心が高く毅然としているため、番犬としても優秀です。
一方で飼い主に対しては親密で忠実な犬種ですが、そのためには十分なしつけ、訓練が要求されます。

頑固で、時にはしつけが入りにくい面もあり、その生涯を通じて訓練が必要とされる場合もあります。
多くのテリアと同様に獲物を追跡する本能が高く、ボール投げなどの遊びに強い興味を示します。
好奇心が強く、アナグマやネズミの巣穴を探す猟犬として使役されていたころの習性も見られ、吠えたり地面を掘り返す本能も残している犬種です。

体重  7~10kg
体高  28cm前後

ウエストハイランドホワイトテリアの健康

皮膚疾患には要注意!

ウエストハイランドホワイトテリアの平均寿命は、12〜14歳ほどです。

ウェスティーは遺伝的に皮膚疾患が起こりやすく、その症状も多岐にわたります。
アトピー性皮膚炎アレルギー性皮膚炎脂漏性皮膚炎、表皮形成異常などがあります。

また、肺動脈弁狭窄や頭蓋下顎骨症など、生後数か月から症状が現れる先天性疾患もあるようです。
小型犬によくある膝蓋骨脱臼や先天性の心臓疾患にも注意しておきましょう。
中年齢以上になるとヘルニアや白内障、心臓疾患にかかりやすくなります。

ウエストハイランドホワイトテリアの運動

散歩は1回30分を一日2回程度

明るい性格で元気があり、活発ないたずらっ子ですので、散歩や遊びの時間は十分にとってあげましょう。
運動不足になるとストレスを感じやすいため、散歩は1回30分を一日2回程度は行ってあげましょう。

また、時には、ドッグランなどで思いっきり走らせてあげて下さい。

ウエストハイランドホワイトテリアのしつけ

頑固な面があるため、しつけはやや難しい?

ウェスティーは、わがままで頑固な面があるため、しつけはやや難しい所があるかもしれません。
気が強くプライドが高いので、トイレの失敗などをあまり厳しく叱るようでは、信頼関係を作るのが難しくなります。
しつけはほめることを大切に、根気よく行うことが必要です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ウエストハイランドホワイトテリア(子犬)

ウエストハイランドホワイトテリアの手入れ

毎日ブラシングをしてあげましょう

被毛の手入れとしては、、剛毛ですが長いですので、絡まりやすいです。
ですので、できるなら、毎日ブラシングをしてあげましょう。
また、古いアウターコートを指先で引き抜くハンド・ストリッピングで整える場合もあります。
その際、トリマーさんにお願いしても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA