チャイニーズクレステッドドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

チャイニーズクレステッドドッグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

チャイニーズクレステッドドッグの歴史

 DNA検査によりコンゴ共和国原産の「バセンジー」に最も近かったが、「バセンジー」は有毛の犬種であったため、それと近縁のヘアレス犬種である「アフリカン・サンド・ドッグ」がクレステッドの先祖であると考えられており、それが中国に輸出され、中国の愛玩犬と交配されて出来上がったとされいます。
第二次世界大戦中に中国政府が国内で飼育されている犬を撲殺するという常軌を逸した命令を下したため、多くの犬種とともに中国国内ではほぼ絶滅してしまいました。しかし、海外に渡っていた個体でブリーディングを行い、頭数を回復することができました。
また、1950年代のアメリカで活躍した舞台芸術家ジブシー・ローズがこの犬種を大変愛好し、繁殖も手掛けていました。
チャイニーズクレステッドドッグ

外見  ヘアレスタイプのものとパウダーパフタイプの2タイプが存在します。
ヘアレスタイプの犬は、頭の頂点にまるで人間の髪の毛が生えているかのような不思議なタテガミがあり、パウダーパフタイプの犬は全身が絹のようにしなやかで細いロングコートに覆われています。
性格  性格はやや内向的でマイペースですが、基本的に明るく、家族に対して深い愛情を示します。
体重  5.5kg前後
体高  28~33cm

チャイニーズクレステッドドッグの健康

チャイニーズ・クレステッド・ドッグのヘアレスタイプでは、遺伝的に歯が少ないことで知られています。ヘアレスタイプでは子犬の頃から、歯磨きの習慣を欠かさないようにしてあげましょう。
遺伝的に安定しているのはパウダーパフですので、繁殖の際はヘアレス同士を交配させずに、パウダーパフと交配させる必要があります。
また、気を付けたい疾患として、「レッグ・パーセス症」や「肘・膝関節形成不全」、「心臓疾患」などに注意が必要です。

チャイニーズクレステッドドッグの運動

チャイニーズ・クレステッド・ドッグはあまり運動量は必要なく、散歩は1日に20分程度で十分です。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

チャイニーズクレステッドドッグのしつけ

穏やかな性格で、人間の生活によくなじむので、しつけにはあまり苦労をしないで済むでしょう。内向的な性格ですが、他人とも多く接させる事によって友好的な性格にしましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

チャイニーズクレステッドドッグの手入れ

長毛のパウダーパフは週に2~3度くらいはブラッシングをして、毛玉を防ぎましょう。
ヘアレスタイプでは乾燥防止にクリームを塗るなどをしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA