離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ボストンテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ボストンテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ボストンテリアの歴史

 ボストン・テリアは、数少ないアメリカ合衆国の原産で、1800年頃にアメリカのマサチューセッツ州ボストン地域で「ブルドッグ」と「ブルテリア」、白い「イングリッシュテリア」等を交配させて、作出しました。
当初はかなりの大型犬でしたが、ブリーダーの努力により、現在のコンパクトでスクエアな洗練された体型となりました。

ボストンテリア
外見  耳は立ち耳で尻尾は短く、鼻も短いです。がっちりとした筋肉質で引き締まった体型をしています。
被毛はスムースコートで、カラーはブリンドル、ブラック、シールブラック(赤みがかった黒)に、ホワイトが必ず入っています。ただ、白毛の部分が目に接しているのは望ましくないとされています。
性格  優しく活発な性格で、飼い主の顔色をうかがうような繊細さがあり、」「小さなアメリカ紳士」と評されています。
ただ、少々嫉妬深いところがあります。
体重  7~9kg
体高  28~38cm

ボストンテリアの健康

かかりやすい疾患は、「肥満細胞腫」に代表される「悪性腫瘍」に気を付けなくていけません。
また、短頭種ですので、「軟口蓋過長」、「気管支狭窄」にも注意が必要です。

ボストンテリアの運動

散歩は1日30分~1時間程度が望ましいですが、とにかく暑さに弱いので、夏の間は室内での運動が無難でしょう。

ボストンテリアのしつけ

頑固な面があるので、根気よくしつけましょう。出来たときは褒めて、ダメなときは徹底的に無視をするのが、効果的なようです。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ボストンテリアの手入れ

短毛ですので被毛の手入れはほとんど必要ありません。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA