北海道犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

北海道犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

北海道犬の誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • 北海道犬の歴史
  • 北海道犬の特徴
  • 北海道犬の健康
  • 北海道犬の運動
  • 北海道犬のしつけ
  • 北海道犬の手入れ

北海道犬の歴史

ヒグマやエゾシカの獣猟に従事

北海道犬(ほっかいどういぬ)は、日本固有の犬種で、「アイヌ犬」とも呼ばれます。 
公益財団法人「日本犬保存会」によって定められた6種の日本犬のうちのひとつです。

縄文時代初期、縄文人が東北地方から北海道へ渡る際に同伴したマタギ犬(山岳狩猟犬)が、北海道犬のルーツだと考えられています。
アイヌはこの犬を「セタ」と呼び、ヒグマやエゾシカの獣猟に従事してきました。
北海道という地理的に隔絶されていた為、本州の犬との交雑がなく、純血が維持されたと考えられています。
1937年には、天然記念物に指定され、「北海道犬」と命名されました。
ソフトバンクのCMのお父さん犬としても、知られています。

北海道犬の特徴

柴犬に似ているが、大きめ?

外見

体つきは、筋肉質でがっちりとしています。
その凛とした立ち姿は美しいです。
三角形の小さめの立ち耳で、目じりが吊り上っており、しっぽは巻き尾または差し尾です。
被毛は、硬く長い毛と、柔らかく短い毛のダブルコートです。
カラーは赤、白、黒、虎、胡麻、狼灰のいずれかです。

柴犬によく似ていますが、北海道犬の方が大きいです。

性格

飼い主にとても忠実で、勇敢であり大胆でもあり、怖いもの知らずな性格です。
元々が獣猟に従事して事から、他人やほかの動物には攻撃的になる一面を見せる事も7あります。
また、寒さに強く、我慢強いです。

体重  18~20kg
体高  49~52cm 

北海道犬の健康

やはり暑さには弱い?

北海道犬の平均寿命は、13〜15歳です。
中型犬としては、比較的長いです。
基本的には頑丈で健康な犬種ですが、やはり暑さには弱いので、「熱中症」には注意が必要です。
気温の高くなる季節はエアコンなどで、体温調節してあげましょう。
その他には、アレルギー皮膚疾患等にも気を付けましょう。

北海道犬の運動

飼い主も体力が必要?

北海道犬は、運動量を多く必要とします。
毎日1時間程度の散歩を2回はしてあげたいです。
また、力が強いので、飼い主もある程度の体力が必要でしょう。

北海道犬のしつけ

たくさんの人や犬と触れさせましょう

主従関係を明確にして、けじめのあるしつけが必要です。
また、子犬の時から様々な人や犬と友好的な接触をさせ、警戒心を高めないようにするためにも、たくさんの人や犬と触れさせ、社会性を身に付けましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

北海道犬の手入れ

換毛期は毎日ブラッシング

北海道犬は、ダブルコートなので抜け毛は多いです。
最低でも週に2回以上はブラッシングを行ってあげましょう。 
特に換毛期は、体温の放熱を妨げる余計な被毛の除去が必須の手入れとなります。
春夏は毎日ブラッシングするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA