離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ワイヤーフォックステリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ワイヤーフォックステリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ワイヤーフォックステリアの歴史

 ワイアー・フォックス・テリアはイギリス原産で、キツネを追うことを目的とするフォックス・テリアのうち、19世紀後半から品種改良が進められる中で、「スムース・フォックス・テリア」と「ワイアー・フォックス・テリア」が確立されました。

ワイヤーフォックステリア
外見  背中が短めで、背中の長さにしては足は長めです。耳は途中で垂れているボタン耳で、目は小さくて離れてついており、目の色は暗色です。

被毛は短毛で針金のように剛毛です。毛色は白、もしくは白地にブラックまたはタン(茶色)の斑です。

性格  好奇心旺盛で活発であり、飼い主に対しては従順です。ただ、少々神経質で攻撃な面があります。
体重  6~9kg
体高  33~41cm

ワイヤーフォックステリアの健康

ワイアー・フォックス・テリアは皮膚が弱いので、定期的にシャンプーをし、ブラッシングもこまめに行いましょう。また、垂れ耳ですので、「外耳炎」にも注意が必要です。

ワイヤーフォックステリアの運動

運動が大好きな犬種ですので、毎日1時間以上の散歩に連れ出してあげましょう。運動不足によるストレスから、問題行動に発展することがあります。

ワイヤーフォックステリアのしつけ

頑固な一面があるので、根気よくしつけをする必要があります。厳しく怒るのではなく、ほめて伸ばすことを心がけましょう。

また、幼犬の頃から、たくさんの人や犬と触れさせて、社会性を身に付けさせましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド

「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ワイヤーフォックステリアの手入れ

抜け毛は少ないですが、毎日ブラッシングをしてあげましょう。また、垂れ耳ですので、「外耳炎」の予防のため、週1~2回程度は耳掃除を行ってください。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA