犬の重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう)

 神経から筋肉に対する指令がうまく伝わらず、筋肉の疲労や脱力がおこる状態のことです。
 脳からの指令は、運動神経を通じて神経の末端まで来ると、そこから「アセチルコリン」と呼ばれる物質を放出し、筋肉を収縮させます。しかし重症筋無力症においては、筋肉の側に付いているアセチルコリン・レセプターに異常があるため、脳からの指令をうまく受け取ることができません。その結果、「すぐに疲れてしまう」、「なかなか力が入らない」といった支障をきたしてしまいます。

人間でも発症する難病でもあります。

主な症状
☆筋力の低下
☆食べるのが遅い
☆まぶたが落ちて眠そうな顔
☆ふらふら歩く
☆朝よりも夕方の方が症状が重い
食道アカラシアに伴う吐出

 

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

犬の重症筋無力症の主な原因

 

犬の重症筋無力症の主な治療法

  • 多くの場合、適切な投薬によって症状が寛解します。具体的にはコリンエステラーゼ阻害剤、免疫抑制薬,コルチコステロイドなどです。
  • 高頻度で食道アカラシアを併発します。食べ物の誤嚥(ごえん)によって生じる肺炎を防ぐため、食器を高い位置に固定し、食後10分程度は頭が下がらないようにします。下を向けないような狭いゲージの中に犬を入れて飼い主が注意するなどの配慮も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA