ジャックラッセルテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

賢くもやんちゃな ジャックラッセルテリア

映画「ペット」シリーズの主人公であるマックスでもお馴染みのジャックラッセルテリア。
飼い主に対しては従順ではあるものの映画のキャラクターのようにやんちゃかも知れません。

ここでは、ジャックラッセルテリアの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細をまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。



ジャックラッセルテリアの歴史

キツネ狩りのために生まれた犬種

ジャック・ラッセル・テリアは、1800年代にイギリス・デヴォンのイギリスケンネルクラブ創立メンバーの一人でもあったジャック・ラッセル牧師がキツネ狩りのために、「ビーグル」や「ボーダー・テリア」、「ブルテリア」などとの交配し、地中に潜り込める小さな白いテリアを作りだしたのがこの犬種のはじまりです。

その後、オーストラリアに渡り、飼いやすくするために「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」と交配し犬種の改良が行われ、短足でやや温厚になりつつあるのが現在主流のジャック・ラッセル・テリアです。

アメリカンケネルクラブでは「ラッセル・テリア」として登録されています。

また、「パーソン・ラッセル・テリア」はジャック・ラッセル・テリアの品種改良の途上で、繁殖方針の違いから分化した犬種で体高も高いです。
原産国であるイギリスでは、「パーソン・ラッセル・テリア」のみが犬種と認められており、「ジャックラッセルテリア」は生みの親であるラッセル牧師がケネルクラブへの登録を強く拒んでいた為、現在でもその意向を汲んでいます。

ジャックラッセルテリアの特徴

好奇心旺盛で気性が荒い傾向

ジャックラッセルテリアは、細身ではあるものの筋肉質な体格をしており、足は短めです。
耳は垂れ耳とボタン耳とも呼ばれる半垂れ耳の子がいます。
尻尾は垂れ尾ですが、猟犬として活躍する場合は現在でも断尾される事があります。

被毛はダブルコートで、スムース(短毛)とブロークン(短毛と長毛の混合)、ラフ(長毛)があります。
毛質は粗く硬いですが、これは藪の中や穴の中で作業する際に皮膚を守るためと言われています。
カラーは、ブラック&ホワイト、タン&ホワイト、ブラック&タン&ホワイトで、ホワイトが多いほどよいとされています。
また、ブリンドル(虎毛)とブルーは認められていません。

性格は、好奇心が強く、頑固で負けず嫌いな典型的なテリア気質です。
きちんとトレーニングを行えば素晴らしいパートナーとなってくれますが、気性が荒く猟欲もあるので、小鳥やハムスターなどの小動物などとは一緒に飼う事は難しいでしょう。

ジャックラッセルテリア
外見

外見にはバリエーションがあり、サイズは各犬種団体のスタンダードによって異なるように個体差が激しい犬種でもあります。
体格は筋肉質で細身です。
マズルは短めで、頭部は比較的小さめであり、耳は垂れ耳とボタン耳です。
目はアーモンド型と丸い形のものがおり、色は明るいブラウンで、片眼がブルーの子もいます。
被毛は粗くて硬く、長さによって、スムース(短毛)、ブロークン(短毛と長毛の混合)、ラフ(長毛)の3種類に分かれます。
毛色はブラック&ホワイト、タン&ホワイト、ブラック&タン&ホワイト(トライカラー)です。

性格

テリア犬らしく好奇心旺盛で、動くものに反応してしまう傾向があります。
とても繊細であり、気性が荒い傾向があります。
飼い主以外の人間に従うことが少ないワンマンズ・ドッグです。

体重  4~6kg
体高  25~30cm

ジャックラッセルテリアの健康

とても健康的な犬種

ジャックラッセルテリアの平均寿命は13〜16歳ほどです。

ジャックラッセルテリアはとても健康的な犬種といわれています。

ただ、歳未満で発症することが多く、大腿骨頭への血液供給が悪くなることで大腿骨頭が壊死してしまう「レッグペルテス病」や膝のお皿がずれてしまう「膝蓋骨脱臼」には注意が必要です。
歩き方が不自然であったり、歩きたがらないような場合は、速やかに動物病院へ受診するようにしましょう。

ジャックラッセルテリアの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ジャックラッセルテリアの運動

散歩は毎日1時間以上

ジャックラッセルテリアの平均寿命は13〜15歳です。

ジャック・ラッセル・テリアは体は小さいですが、大型犬並みの体力がありますので、散歩は毎日1時間以上は行ってあげましょう。
運動量が不足するとストレスをためて攻撃的になることもあるので、気に掛けてあげて下さい。

また、「ジャックラッセルテリア」の好奇心を満たすために、ゲーム的なスポーツも取り入れるようにしましょう。

ジャックラッセルテリアのしつけ

しつけは難しい?

頑固で負けず嫌いな面があるので、しつけは難しい犬種であり、甘やかして育てると、手の付けらない面が出てくることがあります。
ただ、繊細な面がありますので、厳しすぎないようにゲームなどを通して、服従心をしっかりと養うことで、扱いやすい性格になります。

一度飼い主をリーダーとして認識すればとても従順です。
非常に頭が良いので、信頼関係さえ築ければ非常に優秀なパートナーとなってくれるでしょう。

また、小さい子犬の頃から様々な人や他の犬と積極的に触れ合わせ、社会性を身に付けさせるようにしましょう。

元々、猟犬であったので、動くものに反応して飛び出してしまう可能性もあるので、待て」のしつけは必ず行うようにしましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ジャックラッセルテリアの手入れ

まめにブラッシングを

どの被毛タイプでも、家庭では獣毛ブラシなどでまめにブラッシングしてムダ毛を取り除き、皮膚・被毛を清潔に保ちましょう。

トリミングの必要はなく、シャンプーは月1回を目安に行って下さい。

ジャックラッセルテリアの価格

15~20万円が相場

ジャックラッセルテリアは、ペットショップで見かける事はまずありません。
もしも家族に迎え入れるのであれば、ブリーダーさんから直接購入する方法がメインとなります。
その際の値段ですが、15~20万円が相場となります。

ブリーダーさんから直接購入する際は、必ず現地へ行き、飼育環境やブリーダーさんの人柄などを確認し、信頼できるかを見極めたうえで決定するようにしましょう。

まとめ

✔ 典型的なテリア気質
✔ きちんとしつけを行えば、優秀なパートナーに

ジャックラッセルテリアは強いテリア気質を持っており、気性が荒く頑固な性格です。
しつけは適切に行わず甘やかしてしまうと、無茶苦茶な子になってしまう可能性がありますので、しっかりとしつけを行いましょう。

ただ、非常に賢いので主従関係を築ければ、とても従順ですので、素敵なパートナーとなってくれるでしょう。
また、ジャックラッセルテリアはワンマンズ・ドッグとも呼ばれるほど飼い主以外の言う事を聞かないとされているので、そこもまた特別に可愛く思えてしますでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA