離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ジャーマンワイアーヘアードポインターの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ジャーマンワイアーヘアードポインターの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ジャーマンワイアーヘアードポインターの歴史

 もととなるワイアーヘアのポインター犬種はドイツ国内に古くから数種類存在していた。これを統一して、優秀なワイアーヘアのポインター犬種を作るため、「ジャーマン・ブロークンヘアード・ポインター」や「プードル」などの様々な犬種が交配に使われました。その結果、狩猟本能が高く、悪天候や悪環境に強い優秀な犬種として19世紀中期に誕生したのが「ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター」です。

ワイアーヘアは様々な動物の追跡、ポイント、仕留め、回収をこなすことができます。しかし、あまりにも優秀なために猟師が暇になってしまい、猟に本来使うべきレトリーバーや猟銃の需要が減ってしまうのではないかということが問題視され、ドイツ国内ではあまり人気が出ずに絶滅の危機にさらされてしまいました。ドイツからアメリカ合衆国へ移住していった人々により持ち込まれ、そこで能力の良さを評価されて人気を得ることができました。
ジャーマンワイアーヘアードポインター

外見  全身を硬く短いワイアーコートが覆っており、丈夫で茨や雨をしのぐことが出来ます。眉毛や顎ひげ、胸の毛は長めである。筋肉質の引き締まった体型で、マズル・脚・胴・尾は長めです。目はつぶらで垂れ耳、尾は先細りの飾り毛の無いサーベル形の垂れ尾です。
毛色はレバーの単色かレバー・アンド・ホワイト、またはレバーローンを地色として、レバーの斑が入ったものの3パターンあります。
性格  性格は従順で明るく、勇敢で狩猟本能が高いですが、少々頑固な一面もあります。
他人や犬との接触を増やして、早い時期から社会性を身につけさせることをおすすめします。自制心はありますが警戒心が強く、警戒するとよく吠えるので番犬にも向いています。
体重  25〜30kg
体高  57〜68cm

ジャーマンワイアーヘアードポインターの健康

大型犬ですので、「股関節形成不全」には注意が必要です。また「拡張性心筋症」も注意が必要で、悪化すると「心不全」になり突然死することもある危険な病気です。無気力・落ち着きがない等の症状がみられたらすぐに病院で診察を受けてください。
垂れ耳ですので「外耳炎」になりやすいです。耳掃除を定期的にしてあげてください。

ジャーマンワイアーヘアードポインターの運動

運動量は多く必要で、毎日2回各1時間ずつ程度の散歩が適切です。ランニングや泳ぎも得意なのでスイミング、フリスビーキャッチのように体を思いっきり動かせる運動をさせると喜んでくれます。
運動不足はストレスが溜まり、破壊行動を引き起こしますので注意しましょう。

ジャーマンワイアーヘアードポインターのしつけ

根気よく主従関係を教え服従訓練を徹底させる事が必要です。きつく叱らずほめて伸ばす事を心がけることで、高度な訓練もすぐにこなせるようになります。
猫や他の小動物を見ると狩猟本能が刺激されて追いかけてしまうことがあります。散歩の際にはリードをしっかりと持ってください。オス同士だと特に興奮して攻撃的になるので、多頭飼いもおすすめできない犬種です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ジャーマンワイアーヘアードポインターの手入れ

被毛の手入れは比較的簡単で、週2回程度、硬いブラシを使ったブラッシングで十分です。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

最後に

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA