離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ジャーマン・シェパード・ドッグ (シェパード)の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ジャーマン・シェパード・ドッグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ジャーマン・シェパード・ドッグ (シェパード)の歴史

ジャーマン・シェパード・ドッグは、「ドイツの牧羊犬」という意味であり、ドイツ原産の犬種です。日本国内ではシェパードと呼称されています。
1880年代後半に、マックス・フォン・シュテファニッツという人物がドイツで優秀な軍用犬を作出する為、各地の作業犬種の調査を行なった結果、オールド・ジャーマン・シェパード・ドッグ(当時は「ジャーマン・シェパード・ドッグ」の呼称)という牧羊犬が選択されました。これによって繁殖と改良を加えて1899年に完成された犬種がジャーマン・シェパード・ドッグです。
シェパード

外見  体高より体長がやや長く、腰の下がった体型をています。大柄な体に強靭な筋力を持っているお、立ち耳、顔つきは精悍で鋭さが特徴です。体毛はダブルコートの短毛が主体ですが、長毛の個体も存在します。毛色は多種あり、一般的なものはブラック&タンですが、均一なブラックやホワイトも存在します。また、ホワイトのものはホワイト・スイス・シェパード・ドッグという別犬種としても繁殖されています。
性格   基本的には、知的・精神的にも能力の高い犬です。活発な反面、落ち着いており、洞察力もあり、服従心が強く、勇敢であるのに辛抱強く、命令には最後まで従おうとする責任感の強さと、家族や親しい相手を守ろうとする愛情深さがあります。
しかし、ジャーマン・シェパード・ドッグは育つ環境によって性格が大きく変わってきます。
幼少期に正しく教育された個体は、主人に対して非常に従順であり、攻撃とリリース(噛み付くのをやめさせる)等の数々の命令をこなすことが可能となる為、様々な分野での活動が行えるまでになります。 逆に、きちんとした教育をされなかった場合は、支配欲が強く、非常に攻撃的な危険な犬となります。
また、高い忠誠心を持つため、警察犬や軍用犬としては非常に優秀であるものの、盲導犬としては使われない傾向にあるのは、その高い忠誠心が仇となり、幼少期に飼い主と引き離される際、分離トラウマが発生するためです。
体重  30~41kg
体高  61~66cm

ジャーマン・シェパード・ドッグ の健康

腰の下がる独特のスタイルが展示会などで好まれるため、足腰の弱い「股関節形成不全」の素因を強く持つ個体がいます。
早ければ生後3~4か月程度から発現し、重症化すると歩行困難に至ることがあります。軽度のものは運動による筋肉の補強で終生を過ごすことができる場合もありますから、早期発見に努め、獣医師とも相談して早めに対応を行いましょう。

ジャーマン・シェパード・ドッグ の運動

運動はしっかりと行う必要があり、出来るだけ朝晩1時間ずつの散歩をしてあげてください。

ジャーマン・シェパード・ドッグ のしつけ

家庭犬として飼育する場合は、室内で人のそばに置くことで、自分に与えられた役割を考えようとし、家族の求めているものを洞察するようになり、信頼できる家族の一員となるでしょう。
反対に、家屋の外などで放置して飼育すれば、精神的な緊張から防衛能力や警戒心を前面に出すようになり、番犬としては優秀でも家庭犬としては不安定な性格になってしまいます。
目的に沿った飼育方法を行うこと、指示を与える人間とは訓練により強い信頼関係を築くことが、シェパードには一番大切です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

シェパード(顔)

ジャーマン・シェパード・ドッグ の手入れ

ジャーマン・シェパード・ドッグは短毛であっても、ダブルコートですので、意外と抜け毛があります。撫でたりすると、気付かないうちに多くの毛が手や服に付きます。できれば週に3回程度はブラッシングをしてあげましょう。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA