ケリーブルーテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

青い悪魔「グフ」とも言うべき ケリーブルーテリア

特徴的な巻き毛と美しいブルーがかった毛色が印象的なケリーブルーテリア。
テリア種らしく警戒心が強くて、気性が荒いのも特徴で、機動戦士ガンダムの「グフ」のような犬種です。飼い主に忠実な所も「グフ」のパイロットであった「ランバラル」を彷彿させます。

ここでは、ケリーブルーテリアの誕生した背景や歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方の詳細をまとめていますので、是非ご参考になさってください。



ケリーブルーテリアの歴史

警備犬や追跡犬の任務をこなしたアイルランドの国犬

ケリー・ブルー・テリアは、アイルランドのケリー州原産のテリア犬種で、「アイリッシュ・ブルー」とも呼ばれるケリー州原産の古いテリア種で、アイルランドの正式な国犬としても指定されています。

18世紀には存在していたとされていますが、さらに数世紀前に存在していたという説もあり、詳細は不明です。

命知らずと称されるほどの勇猛さと闘争心の強さから、警備犬や追跡犬の任務をこなしましました。
主に地中のネズミやカワウソ、さらにアナグマのようなどう猛な動物から畑を守る「地中猟犬」としてや、番犬や護畜犬としても活躍しました。

19世紀にショードッグとして登場すると、美しいブルーのコートが人気になりました。
アイルランドで最も人気な犬種の一つになりましたが世界大戦が勃発した影響などで、数は大幅に減少しましたが、戦後は性格面を含めた改良が行われ、少しずつ人気を取り戻しつつあります。

ケリーブルーテリアの特徴

警戒心が強く、番犬に適している犬種

ケリーブルーテリアは、筋肉質で角ばった特徴的な体型をしています。
顔は細長く、耳は半垂れ耳で、瞳はきれいな琥珀色をしています。

被毛はテリア犬種には珍しくシングルコートで、柔らかな巻き毛をしています。
放っておくと伸び続けるので、トリミングが必要です。
カラーは名前の通りはブルーっぽいグレーですが、生まれたときはブラックで成長するにつれ徐々にブルーになっていきます。

性格は家族に対しては愛情深く従順ですが、他人に対しては警戒心が強く、テリア種特有の気の荒さがあり、番犬に適している犬種といえます。

外見

背中は短く、筋肉質で、琥珀色の瞳、顎ひげは豊富で細長い顔が特徴的です。
柔らかくカールした羊毛状の被毛が密集して生えており、テリア犬種には珍しいシングルコートです。
ケリーブルーテリアの名前の通り被毛カラーはブルーグレーです。
生まれたときのブラックから、成犬になるにつけれ徐々にブルーになっていきます。
鼻は真っ黒で、耳は半垂れ耳です。

性格

ケリーブルーテリアはマイペースな性格で、家族には愛情深く友好的で従順です。
改良されて穏やかになってきたものの、テリア特有の気の荒さもあります。
警戒心が強いので家族以外の人になつきにくく、番犬に適している犬種といえますが、一度慣れると急に心を許し、熱烈に歓迎するような一面もあります。
ナワバリ意識が強いので他の犬や小動物に攻撃的になってしまう傾向がありますが、きちんとしつけを行うことで子供や同居の小動物とも仲良くなれます。

体重  15〜18kg
体高  44~50cm

ケリーブルーテリアの健康

眼の疾患に注意が必要

ケリーブルーテリアの平均寿命は、12~15年ほどです。

気をつけたい病気は「白内障」「緑内障」「結膜炎」「眼瞼内反/外反」などの眼の疾患です。
定期健診では目を重点的に診てもらってください。

また、まれにケリーブルーテリア独特の疾患である「小脳アビオトロフィー」にかかることもあります。
これは体の神経が少しずつ死んでいき全身の機能が衰えていく病気です。
原因は「ウイルス感染」や「脳内出血」などが考えられますが、現在のところ、はっきり判っておらず、治療法もありません。

ケリーブルーテリアの食事

年齢や体調に合わせたフードを選びましょう

子犬の頃とシニア犬になった頃に必要とされるカロリーや栄養素は変わってきます。
また、食欲が旺盛な子にはカロリーバランスを考えて、低カロリーの食事を与える必要があります。

以上のように「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。

愛犬に合ったドッグフードを探す

愛犬の健康を考える上で、食事の管理を大切です。
「太りすぎだな」と思ったら、低カロリーのフードにしなくてはいけません。
逆に年老いてきて、食欲が細くなったら、少ない量でもエネルギーを取れる老齢犬用のフードに替える必要があります。

下記は様々な犬用品を卸値に近い価格で提供してくれるサイトです。
参考までにどうぞ。

愛犬のフードを探す⇒外部リンク:犬の通販デパート ニコシティ

ケリーブルーテリアの運動

1回1時間以上、1日2回の早足散歩

毎日かなりの運動量が必要です。
1回60分程度を1日2回、早足での散歩や、ドッグランなど安全な場所での自由運動がおすすめです。
しかし、飛び出してきた動物を追いかけてしまったり、相性の悪い犬とケンカになったりすることもありますので、注意が必要です。

散歩を飼い主が怠ってしまうと愛犬にストレスが溜まり、攻撃的な性格になってしまいます。
運動不足になるとストレスが溜まり、無駄吠えなどの問題行動の原因ともなりますので、毎日しっかりと運動を心掛けてあげて下さい。

ケリーブルーテリアのしつけ

頑固な面があるのでしつけは簡単ではない?

ケリーブルーテリアは状況判断能力に優れている賢い犬ですが、頑固な面があるのでしつけは簡単とは言えません。
じっくりと信頼関係を築き、一貫したしつけをしてください。
気の強い性格なので、力で抑え込むようなしつけは絶対にやめてください。
ほめて育てることを基本に、いけないことをした時は威厳をもって接するようにします。

また、小さい子犬の頃から様々な人や他の犬と積極的に触れ合わせ、社会性を身に付けさせるようにしましょう。

愛犬がしつけをマスターしていくと、ついつい「できて当然」と思ってしまいがちになります。
そうなるとしつけができても全く褒めなくなってしまうでしょう。
でも、これでは犬たちもしつけを忘れてしまう可能性もありますので、毎回ご褒美を与える必要はありませんが、しつけができた時には、褒めてあげるなどの気持ちを伝え続けることを忘れないようにしてください。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ケリーブルーテリアの手入れ

1週間に2~2回のブラッシング

シングルコートですので手入れは難しくありません。
被毛の手入れは1週間に2~2回のブラッシングをすれば十分でしょう。
また、1~2ヵ月に1回程度のトリミングが必要です。

シャンプーは月に1~2回を目安に行うようにしましょう。

ケリーブルーテリアの価格

30万円程度が相場

ケリーブルーテリアは、ペットショップで見かける事はまずありません。
もしも家族に迎え入れるのであれば、ブリーダーさんから直接購入する方法がメインとなります。
その際の値段ですが、30万円程度が相場と言えるでしょう。

ブリーダーさんから直接購入する際は、必ず現地へ行き、飼育環境やブリーダーさんの人柄などを確認し、信頼できるかを見極めたうえで決定するようにしましょう。

まとめ

✔ 「ブルーデビル」と言われる気性の荒さ?

ケリーブルーテリアは、かつて「ブルーデビル」と言われるほど攻撃的で、気性が激しかったのは事実です。ただ、現在では改良されて、昔ほどの気性の荒さはありません。
とは言っても、昔に比べればという話で、やはり比較的気性の荒い犬種です。

もし、家族に迎え入れるのであれば、小さい頃から多くの人や動物と触れ合わせ、社会性を身に付けさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA