ケリーブルーテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ケリーブルーテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ケリーブルーテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。


  • ケリーブルーテリアの歴史
  • ケリーブルーテリアの特徴
  • ケリーブルーテリアの健康
  • ケリーブルーテリアの運動
  • ケリーブルーテリアのしつけ
  • ケリーブルーテリアの手入れ

ケリーブルーテリアの歴史

警備犬や追跡犬の任務をこなしたアイルランドの国犬

ケリー・ブルー・テリアは、アイルランドのケリー州原産のテリア犬種で、「アイリッシュ・ブルー」とも呼ばれるケリー州原産の古いテリアです。
アイルランドの正式な国犬としても指定されています。
18世紀には存在していたとされていますが、詳細は不明です。
命知らずと称されるほどの勇猛さと闘争心の強さから、警備犬や追跡犬の任務をこなしました。
主に地中のネズミやカワウソ、さらにアナグマのようなどう猛な動物から畑を守る「地中猟犬」としてや、番犬や護畜犬としても活躍しました。

19世紀にショードッグとして登場すると、美しいブルーのコートが人気になりました。
アイルランドで最も人気な犬種の一つになりましたが世界大戦が勃発した影響などで、数は大幅に減少しましたが、戦後は性格面を含めた改良が行われ、少しずつ人気を取り戻しつつあります。

ケリーブルーテリアの特徴

警戒心が強く、番犬に適している犬種

外見

背中は短く、筋肉質で、琥珀色の瞳、顎ひげは豊富で細長い顔が特徴的です。
柔らかくカールした羊毛状の被毛が密集して生えており、テリア犬種には珍しいシングルコートです。
ケリーブルーテリアの名前の通り被毛カラーはブルーグレーです。
生まれたときのブラックから、成犬になるにつけれ徐々にブルーになっていきます。
鼻は真っ黒で、耳は半垂れ耳です。

性格

ケリーブルーテリアはマイペースな性格で、家族には愛情深く友好的で従順です。
改良されて穏やかになってきたものの、テリア特有の気の荒さもあります。
警戒心が強いので家族以外の人になつきにくく、番犬に適している犬種といえますが、一度慣れると急に心を許し、熱烈に歓迎するような一面もあります。
ナワバリ意識が強いので他の犬や小動物に攻撃的になってしまう傾向がありますが、きちんとしつけを行うことで子供や同居の小動物とも仲良くなれます。

体重  15〜18kg
体高  44~50cm

ケリーブルーテリアの健康

眼の疾患に注意が必要

ケリーブルーテリアの平均寿命は、12~15年ほどです。

気をつけたい病気は「白内障」「緑内障」「結膜炎」「眼瞼内反/外反」などの眼の疾患です。
定期健診では目を重点的に診てもらってください。

また、まれにケリーブルーテリア独特の疾患である「小脳アビオトロフィー」にかかることもあります。
これは体の神経が少しずつ死んでいき全身の機能が衰えていく病気です。
原因は「ウイルス感染」や「脳内出血」などが考えられますが、現在のところ、はっきり判っておらず、治療法もありません。

ケリーブルーテリアの運動

1回1時間以上、1日2回の早足散歩

毎日かなりの運動量が必要です。
1回60分程度を1日2回、早足での散歩や、ドッグランなど安全な場所での自由運動がおすすめです。
しかし、飛び出してきた動物を追いかけてしまったり、相性の悪い犬とケンカになったりすることもありますので、注意が必要です。
散歩を飼い主が怠ってしまうと愛犬にストレスが溜まり、攻撃的な性格になってしまいます。

ケリーブルーテリアのしつけ

頑固な面があるのでしつけは簡単ではない?

ケリーブルーテリアは状況判断能力に優れている賢い犬ですが、頑固な面があるのでしつけは簡単とは言えません。
じっくりと信頼関係を築き、一貫したしつけをしてください。
気の強い性格なので、力で抑え込むようなしつけは絶対にやめてください。
ほめて育てることを基本に、いけないことをした時は威厳をもって接するようにします。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ケリーブルーテリアの手入れ

1週間に2~2回のブラッシング

シングルコートですので手入れは難しくありません。
被毛の手入れは1週間に2~2回のブラッシングをすれば十分でしょう。
また、1~2ヵ月に1回程度のトリミングが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA