チワワの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

チワワの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

チワワの歴史

 チワワは、最も小さな公認された犬種で、メキシコのチワワ地域が原産地です。
チワワは、北アメリカにおいては最も古い犬種であり、テチチとして知られるアステカ文明の時代から生贄とされていた現状よりすこし大きい犬種の直系の子孫であると考えられています。人墓から一緒に埋葬されたテチチの骨も発掘されています。
15世紀頃、コロンブスによるアメリカ大陸発見の際に、南米で発見した小さな犬の存在に触れられています。
16世紀に入り、スペイン軍が南米を侵略すると、テチチたちは滅亡の危機にさらされていたと推測されています。
その後、1850年になって、メキシコのチワワという町で、3頭の小さな犬たちが発見され、発見者によってアメリカに持ち帰られて、犬種の固定化が図られることになりました。
約50年にわたる犬種の固定化の中で、「チャイニーズクレステッドドッグ」などが交配に使われ、現在のチワワに近い形となったとされています。
チワワ

外見  身体の大きさは概して小さいが、均一ではない。毛色も多種多様である。
鼻吻はやや詰まっており、大きな瞳は毛色と同様黒や茶褐色等様々な色が認められています。体温調節を担う耳は頭部に対して大きく、耳は立ち耳です。
スムースコートにパピヨンやポメラニアンを交配して作られたロングコートがあります。また、チワワならではの特徴としてはリンゴのような丸みを帯びた「アップルヘッド」と呼ばれる額があげられます。
性格  チワワは明るく陽気ですが、大型犬などにも臆せずに対峙する勇敢な性格です。また、非常に保守的で、やきもち焼きであり、家族とそうでない人をはっきりと区別します。
そのため、侵入者に対しては非常に敏感に反応し、番犬として優秀ではありますが、怖がりゆえの吠え癖もあります。
体重  1.5~3kg
体高  12~20cm

チワワの健康

体格が小さいため、身体的には脆弱です。かかりやすい病気は、「膝蓋骨脱臼」や「眼病」、「水頭症」、「神経疾患」などが知られています。
また、「泉門開存」に注意が必要で、泉門と呼ばれる頭部に「ペコ」と呼ばれる凹があり、ここは頭蓋骨の接合部ですが、この接合が不完全な状態で生まれてくることで起こります。
早期発見、早期治療を心がけるようにしましょう。

チワワの運動

毎日20分程度の散歩に連れ出すようにしましょう。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

チワワのしつけ

しつけを怠ると、無駄吠えが激しくなる傾向がありますので、社会性を身につけさせてるために、たくさんの人や他の犬と触れ合わせるなど、積極的に外に連れ出すようにしましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

チワワの手入れ

ロングコートの場合は週2~3回、スムースの場合は適宜、ブラッシングをしてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA