離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ブルマスティフの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ブルマスティフの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ブルマスティフの歴史

 ブルマスティフは、イギリスのイングランド原産で、「オールド・イングリッシュ・ブルドッグ」と「イングリッシュ・マスティフ」を交配させ、誕生しました。
ブルマスティフは農場、狩猟場、敷地を管理して不審者や密猟者を捕らえることでした。
第二次世界大戦の際には軍用犬としても用いられ、生き残ることが出来ましたが、戦後は絶滅寸前になった先祖でもあるイングリッシュ・マスティフを絶滅から救うためにそれと交配させて復興に役立てられました。
ブルマスティフ

外見  頭部が大きく、額には深いシワができます。マズルは短く、耳は垂れ耳で、尾は太い垂れ尾です。首は太く、脚は長くて太く筋骨隆々のたくましい体型をしています。
被毛は硬いスムースコートで、毛色はフォーン、イザベラ、グレー、ブラック、ブリンドルなどの単色で、ブラック以外の単色の場合は マズルや顔、耳に黒いマーキング(ブラック・マスク)が入ります。また、胸や腹部などに小さなホワイトのマーキングが入ることもあります。
性格  攻撃性は無く、ブリーダーの努力により、血統からも凶暴性は取り除かれています。性格は主人に従順で落ち着いて、温和で家族思いな性格です。見知らぬ人や犬に対しては無愛想な場合もあります。
また、鼻が短いためにいびきが大きい場合があります。
体重  41〜59kg
体高  61〜69cm

ブルマスティフの健康

かかりやすい病気は「股関節形成不全」、「緑内障」や「胃捻転」などがあげられます。また、「肥満」になりやすいので、注意しましょう。

ブルマスティフの運動

毎日30分~1時間程度の散歩をさせて下さい。

ブルマスティフのしつけ

成犬になると力が非常に強くなるので、子犬のうちから、一貫した姿勢でしっかりとしつけしましょう。しつけが上手くいけば、自慢のパートナーとなってくれるでしょう。
また、たくさんの人や犬と触れさせて、社会性を身に付けさせましょう。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ブルマスティフ(顔)

ブルマスティフの手入れ

 短毛なので、週に1回ほどブラッシングだけでいいでしょう。
汚れが目立つようになったりべたつきがある場合はシャンプーをしてあげましょう。

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA