犬のチェリーアイ

 第三眼瞼(だいさんがんけん, 瞬膜とも)の裏側にある腺が炎症を起こし、赤く腫れ上がった状態のことです。正式には「第三眼瞼腺脱出」と言いますが、外に盛り上がった状態がさくらんぼに似ていることから「チェリーアイ」と呼ばれます。

主な症状
☆第三眼瞼の突出(片側/両側)
☆目をこすろうとする

 

犬のチェリーアイの主な原因 

 

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

犬のチェリーアイの主な治療法 

  • 症状が軽度の場合は、腫れを小さくする目的で点眼薬が処方されることがありますが、あまり効果を上げないことが多いようです。
  • 麻酔下で飛び出している第三眼瞼腺自体を切除してしまいます。しかしこの腺は涙のほぼ半分を産生しているため、切除後はドライアイなどの違った症状を引き起こしてしまうこともしばしばです。ですから第一に考慮される治療法ではありません。
  • 第三眼瞼腺を第三眼瞼に縫い付け、外に飛び出さないようにする手術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA