離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

スカイテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

スカイテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

スカイテリアの歴史

 魔女と魔法の島として有名なスコットランド・スカイ島原産で、アナグマや野ウサギを捕らえる猟犬として使われていました。スカイテリアの名を知らしめたのは、スコットランド版の忠犬ハチ公であるグレーフライアーズ・ボビーです。この犬は主人の死後、14年間もの間ずっと主人の墓守を続け、いくら追い払われても戻ってきて離れない忠犬として知られています。スカイ・テリアの人気が過熱し、1870年代はこれの変種であるクライズデール・テリアも作出されましたが、スカイ種は人気を保ち続け、最終的には打ち勝ってクライズデール種は絶滅しました。

外見

 体高に比べ、胴が長く足の短い体型です。被毛はダブルコートで、硬いロングコートが印象的な犬種で、この美しい被毛はヨークシャー・テリアの作出の際にも取り入れられました。毛色はスチール・ブルー、ブルー、ブラック、シルバーなどです。耳は立ち耳と垂れ耳の2タイプがあり、尾はサーベル形の垂れ尾で、耳・尾は長い飾り毛で覆われています。目もロングコートでかぶってほとんど見えないが、目の周辺をカットする事もある。マズルは中くらいの長さです。

性格

 スカイテリアは勇敢であり陽気で、飼い主や家族に忠実ですが、少々頑固で警戒心が強い一面もあります。しかし、心を許すと友好的です。

体重  8.5~10.5kg
体高  23~25cm

スカイテリアの健康

 胴が長く、足が短いので、「骨軟骨異形成」や「椎間板ヘルニア」には注意が必要です。
 また、胃腸などの消化器系が弱いので、硬いドッグフードのドカ食いなどに気を付けましょう。

スカイテリアの運動

 運動量は多くは必要なく、一日30分程度の散歩で十分です。

スカイテリアのしつけ

 主従関係を育み、服従訓練をしっかりと行いましょう。頑固な一面があるので、厳しく高圧的な態度で接することはせず、ほめて伸ばすようにしてあげてください。
 また、人見知りをする面もあるので、子犬のころから他人や犬と接する機会を増やし、社会性を身につけさせると、友好的で陽気な一面を引き出すことができます。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

スカイテリアの手入れ

 被毛の手入れは、ブラッシングとコーミングを毎日行ってください。また、結膜炎などの目の疾患予防のために目にかかる長毛をカットするのもオススメです。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

最後に

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA