離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

土佐犬・四国犬の特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

土佐犬・四国犬の誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

土佐犬・四国犬の歴史

 四国犬(しこくいぬ)は、四国地方(主に高知県)原産で、かつては土佐犬とも呼ばれたが、土佐闘犬との混同をさけるために改称されました。土佐闘犬とは別品種です。1937年に「土佐犬」の名で国の天然記念物に指定されています。
 本来の作出目的は、四国山地周辺の山村における鹿や猪等の狩猟およびそれに伴う諸作業に使役していました。山地での激しい狩りにも耐えうる体力・持久力があり、温暖湿潤気候に強い性質を持っています。
 もともとこの犬種は本川系、幡多系、安芸系、宇和島系と呼ばれる地域特性がありましたが、安芸系は衰退し、幡多系と宇和島系はほぼ同じで差異が無く、幡多系と本川系は混血が進み、地域特性は無くなりつつあります。

外見

 引き締まった筋肉質な体をしており、目尻の上がった目、三角の立ち耳、巻き上がった尾が特徴です。
 被毛はダブルコートで、直毛で短く硬めのアウターコートと柔らかい綿毛が密生するアンダーコートとから成ります。カラーは胡麻、赤、黒褐色の3色が主です。

性格

 主人には異常なまでに忠実だが、よそ者には警戒するため、番犬に適しています。よそ者にはふとしたことでも噛みついたりと非常に攻撃的なため、散歩中などは注意が必要です。

体重  15~25kg
体高  46~55cm

土佐犬・四国犬の健康

 四国犬はとても健康な犬種ですが、気を付けたい病気としては、「アレルギー性皮膚炎」や、土佐犬・四国犬特有の「神経痛」や「老年性痴呆症」があげられます。

土佐犬・四国犬の運動

 かなりの運動量が必要で、散歩は毎日1時間以上の散歩を2回、自転車を使った並走運動やジョギングなどを交ぜながら行うと効果的です。
 ただ、狩猟本能が強く、子犬の頃から完璧にしつけていたとしても、他の犬を襲ったりケンカしたりすることがあるので、ドッグランなどで遊ばせるのはオススメできません。

土佐犬・四国犬のしつけ

 土佐犬・四国犬は物覚えが良く、主人に従順なのでしつけしやすい犬種といえますが、気の強さを除くことは難しく、飼い主以外のいうことは聞かないことが多いため、子犬の頃から充分に信頼関係を構築してから主従関係を教えてあげることがポイントです。様々な経験をさせて社会性を身につけさせることも大切です。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

土佐犬・四国犬の手入れ

 週2~3回ブラッシングをして、汚れた時にタオルで拭いてあげます。シャンプーは月に1回程度で十分です。

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA