ジャーマンスパニエルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ジャーマンスパニエルの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ジャーマンスパニエルの歴史

 「ジャーマン・スパニエル」は、ドイツ原産のスパニエル犬種です。
 19世紀後半に優秀な猟犬種の作出を計画し、「シュトーバー」をベースとして、作出が開始されました。多くのスパニエル種の血が導入され、1903年に完成しました。
 主にウズラやノウサギを茂みから追い出すのに使われ、主人とペアになって猟を行い、獲物を嗅覚で捜索します。発見すると主人の指示に従って獲物を茂みからフラッシング(追い出し)して飛び立たせ、それを主人が猟銃で仕留めます。撃ち落された獲物は「ジャーマン・スパニエル」が回収もします。
 また、カナダではアメリカクロクマをセントハント(嗅覚猟)するのに使われました。発見すると勇敢に立ち向かい、噛み留めを行います。
 現在では実猟犬としてよりも、ペットとして飼育されることのほうが多いですが、日本国内ではジャーマン・スパニエルそのものは飼育されていません。

 「ジャーマン・スパニエル」は、「ダックスフント」のロングコートを作出する際に、「スムースヘアード・スタンダード・ダックスフント」との交配してコートを取り入れるために使われています。

外見

 筋肉質のがっしりとした体つきをしていおり、脚は短めで太いです。頭部は大きめでマズルは太く、垂れ耳、垂れ尾です。耳や尾、臀部には飾り毛があり、コートはダブルコートで、ウエーブがかった厚めで柔らかなロングコートで、毛色はブラウン・アンド・クリアーなどです。

性格

 性格は忠実で愛情深く繊細であり、若干内向的で神経質な一面もあります。警戒心が強いので番犬にも向いています。また、非常に穏やかな性格をしていて、人間に対しては友好的な性格で、子供に対しても友好的な性格です。

体重  20~28kg
体高  44~54cm

ジャーマンスパニエルの健康

 運動のし過ぎなどによる「関節疾患」や、湿気で地肌が蒸れて起こる「皮膚炎・皮膚病」などに注意が必要です。
 また、垂れ耳ですので、週1回程度は綿棒と耳の掃除をして、「外耳炎」の予防をしてあげてください。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

ジャーマンスパニエルの運動

 活発な犬種ですので、運動量はそれなりに必要です。毎日1~2時間程度の散歩と時には広い水辺やドッグランなどで遊ばせてあげる必要があります。運動量が足りないと、ストレスで問題行動が増えてしまうでしょう。

ジャーマンスパニエルのしつけ

 しつけの飲み込みは早い方ではありませんが、子犬の頃から他人や犬との接点を持たせ、社会性をしつけることでフレンドリーになってくれます。独立心も強いので根気強くしつけましょう。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ジャーマンスパニエルの手入れ

 長毛種なのでもつれや絡みを防ぐために毎日ブラッシングをしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA