離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ジャーマンハンティングテリアの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ジャーマンハンティングテリアの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ジャーマンハンティングテリアの歴史

 ジャーマン・ハンティング・テリアは、ドイツ原産の猟犬で、ヤークトテリアとも呼ばれています。
 第一次世界大戦終結後、 主に「フォックス・テリア」と「ブラック・アンド・タン・テリア」が使われ、「ジャーマン・ピンシャー」なども作出に使用されました。そして誕生したのが、俊敏で攻撃的な大変優れたジャーマン・ハンティング・テリアでした。
 1920年代にジャーマン・ハンティング・テリア・ブリード・クラブが設立され、1950年代にはアメリカにもヤクート・テリア・クラブが結成されました。

外見

 少し固めの短毛で、耳は頭から垂れる半折れです。つぶらな瞳と直立に立つ尾などが特徴です。被毛は堅めのワイアーヘアと粗いスムースヘアの2種類があり、毛色はブラック・アンド・タンで特徴的なマーキングがある。

性格

 性格は頑固で攻撃的になることもありますが、飼い主には愛情深く従順です。
 また、自立心が強く、協調性に少し欠けるので他のペットと一緒に室内で飼うことはあまりオススメできません。警戒心が強く、よく吠えるので番犬向きです。

体重  7.5~10kg
体高  33~40cm

ジャーマンハンティングテリアの健康

 比較的健康な犬種ですが、「膝蓋骨脱臼」「心筋症」「眼の疾患」には注意が必要です。「心筋症」は完治させることが不可能で、進行を遅らせることしかできません。
 また、垂れ耳なので「外耳炎」になりやすい定期的に耳掃除をしてあげることを忘れないでくださいね。

ジャーマンハンティングテリアの運動

 毎日2時間以上の豊富な運動が必要で、ドッグランに連れて思いっきり走らせたり、自転車と並走させたりすることもオススメです。運動不足になるとストレスから破壊的行動が増えるので注意してください。

ジャーマンハンティングテリアのしつけ

 しつけはよく入ります。 幼犬期から他人や犬と接して、社会性を育みましょう。しかし、小動物には本能的に向かう習性は外す事は難しいでしょう。
 また、散歩の時はリードをしっかりと操り、飼い主の後ろか足元を歩かせるしつけもしてください。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ジャーマンハンティングテリアの手入れ

 被毛の手入れは週1回硬めのブラシを使ったブラッシングとコーミングを行い、温めて湿らせた布で抜け毛を取り除いてあげる程度で十分です。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA