離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

エストレラマウンテンドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

エストレラマウンテンドッグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

エストレラマウンテンドッグの歴史

 ポルトガル原産の犬種としては最古のもののひとつで、およそ6世紀ごろには既に犬種として存在していとも言われています。羊を狼から守るための護畜犬にするために作り出された犬種で、狼と戦っても勝てるようにより力強く、より大きい犬を目指して改良が加えられていきました。
 長い間羊飼いによってのみ飼育されていましたが、19世紀ごろになるとポルトガルの貴族に勇敢な性格と容姿の良さを気に入られ、ペット兼番犬としても飼われるようになりました。
 19世紀の後半になると牧羊の縮小や2度の世界大戦により、羊飼いに飼育されていたものは絶滅の危機にさらされました。しかし、貴族によって飼われていた個体は多くが国外に持ち出されて疎開し、種としての絶滅の危機を乗り越え、ポルトガル国内の動乱期も生き残ることが出来ました。

外見

 筋骨隆々の骨太でがっしりとした体格をしています。目は小さく、眼光は鋭く、脚は長く太く、力が強いです。
 頭部は大きめで、マズルは短く、アゴの力も強靭です。喉の下には少しデューラップというたるみがあります。耳は垂れ耳で、尾はふさふさした垂れ尾。
 コートは短くさらりとしたショートコートタイプのものと、長く豊かな毛を持つロングコートタイプのものがいます。ロングコートタイプのものは、特にタテガミが長く発達し、このタテガミは見た目重視で発達したものではなく、寒い所で首から熱が発散するのを防いだり、狼に噛まれても首にかかるダメージが軽減されるように発達したものです。どちらのコートタイプも毛の密度が高く、寒さにかなり強いです。毛色はイエローを基調としてものが中心で、フォーン、ブリンドル、ウルフといった色のいずれかが混じったものや、イエローの単色で部位により濃淡があるものなどがあります。単色であれ複合色であれ、顔・耳には必ずブラックマスクが入ります。

性格

 性格は主人に忠実ですが、勇猛果敢で警戒心が強く、友好性はあまり高くありません。しっかりとした訓練を行わなければ、飼育は難しいです。訓練が成功すれば、家族に対して心優しい一面を更に引き出すことも可能でしょう。

体重  30〜50kg
体高  62〜72cm

エストレラマウンテンドッグの健康

 大型犬でありがちな股関節形成不全には注意が必要です。 

エストレラマウンテンドッグの運動

 エストレラマウンテンドッグには、運動量は多めで、毎日最低でも1~2時間の運動をさせてあげることが必要です。
 しかし、体重が重く腰に負担がかかりやすいので、激しい運動は避ける方が無難でしょう。

エストレラマウンテンドッグのしつけ

 子犬の頃からのしつけがポイントになります。飼い主との主従関係を幼犬の頃からしつけ、服従訓練をします。主人以外に友好的とはいえない性格なので、しつけを怠ると手におえないほどの猛犬になってしまいます。
 散歩の時に動くものを反射的に追いかけてしまう習性などを抑えこむように、飼い主の静止命令を聞くように普段から厳しくしつけてあげてください。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

エストレラマウンテンドッグの手入れ

 ショートヘアーの場合は週に1度、ロングヘアーの場合は週に2~3度ブラッシングしてあげましょう。 

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA