離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ボクサーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ボクサーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ボクサーの歴史

 ボクサーはドイツ原産で、祖先犬は「ブレンバイサー」と呼ばれていた獣猟犬と言われています。
猟師が新たな犬種を作出しようと、「テリア」や「ブルドッグ」など様々な犬種と交配させました。その後、ドイツで狩猟が衰退すると、ブレンバイサーは家畜を監視する「キャトル・ドッグ」として、新たな役割を担うようになりました。
19世紀後半、ブレンバイサーの小型種である「ブラバンター・ブレンバイサー」に「ブリティッシュ・ブルドッグ」を掛け合わせたものが、ボクサーの起源となりました。この頃に「ボクサー」という名前がつけられましたが、その由来は諸説あり、闘犬として用いられたことから、ボクシングの選手であるボクサーになぞらえられたなどがあります。

ボクサー
外見  太く強健な骨格と、筋肉質でよく引き締まった体型で、胸を張って軽快に、力強く歩きます。大きな頭であり、下あごの出るアンダーショットで、口先は短めです。
被毛は光沢のある滑らかな短毛で、カラーは、フォーンまたはブリンドルで、ブラックマスクが必須とされており、白のブレーズの入っていることが好ましいとされています。
性格   明るく活発で、それでいて冷静であり、愛情深い性格をしています。主人に対する服従心がとても強く、また見知らぬ人にはあまりなつきません。
体重  約30kg
体高  57~63cm

ボクサーの健康

最も気を付けた疾患としては、「拡張型心筋症」があげられます。
その他では、「クッシング症候群」や「軟口蓋過長」にも注意しましょう。

ボクサーの運動

毎日十分な散歩が必要で、最低でも毎日1時間程度の散歩は必要です。

ボクサーのしつけ

賢いので、しつけはしやすいです。
飼い主に対して、非常に忠実ですので、主従関係を明確にし、服従訓練をしっかり行いましょう。それにより、外でのトラブルも防げます。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ボクサーの手入れ

被毛は短毛で、手入れは楽です。散歩から帰ってきたら、きれいに拭いてあげてください。

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA