犬の小脳障害(しょうのうしょうがい)

犬の小脳障害~愛犬がふらふらと歩いたり、歩幅がバラバラであったりしたら~

 犬の小脳障害(しょうのうしょうがい)とは、主に運動機能をつかさどる小脳に病変が生じることにより、正常に動くことができなくなってしまった状態を言います。

 小脳は大脳の後ろについている小さ目な脳のことで、主に平衡感覚や姿勢保持に関わり、「体のバランスを保つ」、「眼球運動を調整する」、「感覚と運動を連携させる」といった役割を担っています。
 この脳に障害が発生すると、上記全ての機能が大なり小なり影響を受け、様々な症状を示すようになります。
 そのほとんどが先天性であるため、症状は生後3週齢頃から現れ始めます。

 ここでは、犬の小脳障害の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさってください。


  • 犬の小脳障害の主な症状
  • 犬の小脳障害の主な原因
  • 犬の小脳障害の主な治療法

犬の小脳障害の主な症状

犬の小脳障害の主な症状としては、ふらふらと歩いたり、歩幅がバラバラであったりなどがあげられます。

主な症状
☆ふらふら歩く
☆バランスの欠如(すぐによろける etc)
☆歩幅がバラバラ
☆動作の始め(初動)で震える
☆眼振(眼球があちこち動く)
☆距離感の喪失(食器に口を持っていけない)

犬の小脳障害の主な原因

 犬の小脳障害は年齢に関係なく発生する可能性があります。
 小脳障害を引き起こす後天性の疾患がいくつかありますので、下記にまとめています。
 小脳の変性や奇形は、生まれたときからや早い時期から発症する遺伝性や先天性の疾患です。

  • 小脳変性症 
    小脳の神経細胞が変性してしまう先天疾患「小脳変性症」により、小脳障害を発症することがあります。
    非進行性小脳変性症にかかりやすい犬種は下記の通りです。
    アイリッシュセッター
    ワイヤーフォックステリア
    サモエド
    チャウチャウ
    コリー(ラフ)、
    ボーダーコリー
    ブルマスティフ
    ラブラドールレトリバー
    ビーグル などです。

    進行性小脳変性症にかかりやすい犬種は下記の通りです。
    ケリーブルーテリア、
    コリー(ラフ)、
    ハリアー、
    アイリッシュセッター、
    ブリタニー
    スタッフォードシャーブルテリア
    ブルドッグ
    コトン・ド・テュレアールなどです。
    進行性の場合は、時間の経過とともに症状が重篤化していきます。

  • 小脳低形成症 
    小脳が萎縮した状態で生まれる先天疾患「小脳低形成症」もまた、小脳障害を引き起こします。
    かかりやすい犬種は下記の通りです。
    エアデールテリア
    チャウチャウ、
    ボストンテリア
    ブルテリアなどです。

  • 病原体への感染 
    ある種の病原体が小脳障害の遠因になることがあります。
    具体的には、母犬の子宮内か、生まれてすぐの新生子期において、イヌヘルペスや変異型ウイルスに感染するなどです。

  • 後天性 
    ウイルスや細菌感染、外傷、栄養不足、腫瘍、老化などにより小脳に病変が生じると、後天的に小脳障害が発生します。
    また原因はよくわからないものの、脳への血流が一時的に遮断される「虚血性発作」が、吻側小脳動脈の支配領域で多く発生することが確認されています。

犬の小脳障害の主な治療法

 犬の小脳障害の治療としては、ある疾患が原因であれば、その治療が行われます。
しかし、先天的なものが原因の場合は、基本的に治療は出来ません。
 犬が運動をうまくできないことによる怪我を防止するために、愛犬の行動に注意しましょう。
 また、生活上での補助も必要であれば行ってあげて、愛犬の生活の質を高めていくサポートを重点的に行ってください。

  • 基礎疾患の治療
    別の疾病によって小脳障害が引き起こされている場合
    は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。
    たとえばウイルスや細菌が原因の場合は、それらを体内から駆逐するような治療が行われます。
    しかし、小脳障害の原因が先天的な疾患である場合は、根本的な治療法はありません

  • 愛犬の行動に注意して下さい
    発作やふらつきによる不慮の事故を予防するため、危険な場所に近づかないよう注意
    します。
    具体的には、高所、階段の上、交通量の多い場所、傾斜のきつい場所、溺れる可能性のある水場などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA