離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

スタンダードプードルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

スタンダードプードルの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

スタンダードプードルの歴史

 プードルはフランスの国犬ですが、起源については不明な事が多く、古くからヨーロッパ各地にみられ、原産地の特定は困難となっており、フランスだけではなく、ロシアまたは中央アジア北部という説も有力です。
16世紀までのプードルは、荷車を引き、水猟犬としてカモ猟に使役するなどしていました。胸回りや足先など体の一部を保護するための被毛を残してカットされる独特のトリミングは、水猟犬としてのニーズから生まれたとされています。
ドイツで猟犬として働いていた彼らは、フランスでも当初は猟犬として入り、カモ猟の犬という意味の造語で「カニシュ(caniche)」と呼ばれました。
17世紀に入る頃になると、小さく作られた「トイプードル」が、フランス上流階級の間で愛玩犬として人気を博すようになりました。プードルはこの時期までに、すべてのサイズバラエティが存在していたと考えられています。賢く、訓練性能が良く、人に親しむプードルたちはスタンダード以外のサイズも、サーカスで芸を見せたりトリュフ探しに使われたりするなど様々な目的で使役され、その場に合った改良をされてきたものと考えられます。

ゲーテの「ファウスト」の作中にも黒いプードルが登場し、第二次世界大戦では、救助犬としても活躍しました。 近年でも災害救助犬としての活躍に注目されています。
サイズの種類は多いですが、それぞれのプードルの能力はほとんど違いはありません。
プードル

外見  プードルはすべてのサイズバラエティにおいて、体長と体高がほぼ同じのスクエアな構成です。細い手足に小さな頭をしています。
被毛は独特の巻き毛のシングルコートで毛は抜けにくく、犬特有の体臭もほとんどありません。毛色はホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパンで、単色の毛色(ソリッド・カラー)以外は失格とされています。中間色は生後1ヶ月前後から退色が始まり、徐々にまたは急速に毛色が変化していきます。
性格  性格は利口で活発です。最も知能の高い犬種のひとつとされていますが、甘えん坊で神経質な一面もある。
体重  16~25kg
体高  45~60cm

スタンダードプードルの健康

プードルは、「アジソン病」、「クッシング症候群」など、副腎にかかわる内分泌由来の疾患が多いとされています。最近元気がないと思われたら、獣医に受診するようにしましょう。
また、「膝蓋骨脱臼」、「進行性網膜萎縮症(PRA)」、「流涙症」、「レッグ・ペルテス・パーセス症」、「外耳炎」、「てんかん」にも注意が必要です。

スタンダードプードルの運動

美しく気品ある容姿ですが、意外と体力がありますので、出来れば毎日1時間程度の散歩はしてあげたいところです。
また、好奇心も強いので、ゲーム的な運動や、水泳も得意なので、安全な環境で水遊びなどもさせてあげましょう。

スタンダードプードルのしつけ

サーカスでも活躍できるほど、訓練性能に優れています。大変賢く更に遊び好きでもあるので、放置すると大変ないたずら者になる可能性がありますので、服従訓練などは必ず行いましょう。
頭が良いので、物覚えも早いので、逆に飼い主の正確な指示が必要とされます。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

スタンダードプードルの手入れ

抜け毛は少ないですが、毛玉になりやすいので、少なくとも週に2~3回はブラッシングを行いましょう。

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA