離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

カレリアンベアドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

カレリアンベアドッグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

カレリアンベアドッグの歴史

古くからフィンランドのカレリア地方に根付いていた地犬で、多くの猟師に好まれていた。元々は毛色にかなりバリエーションがあったが、夜間や雪の中でもしっかりと見分けることができるようにするため、現在の白と黒の毛色に固定されました。
その名の通り、主に熊を狩る猟犬として使われていた。単独または小規模な群れで猟を行い、主人について歩きながら獲物を探します。獲物を発見すると大きな声で吠え、主人に知らせてから獲物を走って追いかけ、噛み止めを行って獲物が逃げられないようにその場にとどめさせました。そこへ主人が駆けつけて猟銃で止めを刺し、狩猟が完了します。なお、原産地で熊が減少し始めてからは、その他にイノシシやエルクといった他の大型哺乳類の狩猟にも使われるようになりました。
1900年代前半、原産地のカレリア地方はロシア帝国崩壊に伴うフィンランド独立と、その後のフィンランドとソビエト連邦の戦争で、2つの国に分断されました。それに伴ってカレリアンをどちらの国に所属させるかについて論争が行われるようになり、終いには両国でひとつの犬種を分断所持することになりました。どちらの国のカレリアンも無計画な異種交配よって純血の犬が大幅に減少してしまったが、どちらも愛好家がスタンダード(犬種基準)を作って保護を行ったため、絶滅は免れました。その後、フィンランド側の犬はカレリアン・ベア・ドッグのまま保存され、ロシア側の犬は改良が加えられてラッソ・ヨーロピアン・ライカという別犬種として発展していきました。
1945年に正式なスタンダードが設定され、国際畜犬連盟(FCI)に公認犬種として登録された。フィンランド以外の北欧各国でも人気があり、実用犬としてだけでなく、ペットやショードッグとしても飼育が行われています。フィンランドでは一般的な犬種のひとつで、今でも猟犬として飼われている犬は多く存在します。
カレリアンベアドッグ

外見  スピッツタイプの犬種で、一番の特徴はブラック・アンド・ホワイトの毛色で、ブラックをメインカラーとしてマズル、ブレーズ、首、胸、腹部、前脚、後ろ足首、尾先が白色です。黒と白の割合やマーキングの位置などは若干の個体差がありますが、他の毛色は認められていません。コートは厚いショートコートで、防寒性や防水性が高いです。口角が少し上がっているため、笑っているかのような表情を見せる事もしばしば。筋肉質の引き締まった体つきで、脚にもしっかりした筋肉がついており、噛む力は100kg近くになります。耳は立ち耳、尾は巻き尾。
性格  主人に忠実で家族に対しても愛情深いが、プライドが高く勇敢です。見知らぬ人や犬に対しては警戒心が非常に強く、時に攻撃的な態度も見せることがあります。家族に対しては人懐こいが、自分がリーダーと認めたものにのみ服従すします。
吠えることも多いので、都心部での飼育はかなり難しいと思われます。躾は主人からしか受け付けないが、状況判断力は優れていて、家族に危機が迫ったと感じれば、命をかけて勇敢に立ち向かいます。怖いもの知らずで熊に対してもひるむことは無く、このことからフィンランドではガードドッグとして使われることもあります。
体重  17~28kg
体高  53~60cm

カレリアンベアドッグの健康

大型犬がかかりやすい「股関節形成不全」には注意が必要で、生後60日位までは関節に負荷をかけ過ぎないように激しい運動は避けてください。歩き方に異常がみられたら、すぐに獣医さんに診てもらってください。
また、皮膚疾患にも注意が必要です。

カレリアンベアドッグの運動

散歩は1日2回1時間程度が理想的です。ドッグランなどで自由運動をさせてあげられるといいのですが、他の犬への攻撃的には注意が必要です。なついていても主人に吠えることがありますが、自分の気持ちを伝えようとしている合図なので、日頃からコミュニケーションを取ってあげてください。吠えることを無理やりやめさせるとストレスになり、体調を崩したり破壊行動に繋がったりしてしまいます。
愛犬の気持ちを汲みとって、愛情を持って接してあげることがポイントです。

カレリアンベアドッグのしつけ

初心者がしつけるのは難しい犬種です。幼犬の頃から主従関係をしっかりとしつけると事が重要です。まずは「まて」を覚えさせます。それにより、カレリアンベアドッグはよく吠えて力も強いので、「まて」をしつけて思わぬ事故の発生を防いでください。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

カレリアンベアドッグの手入れ

被毛はショートコートですので、1週間に一回程度のブラッシングで十分でしょう。

最後に

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、「こちらは保険外です」なんて事にならないように、
 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら⇒保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA