クロアチアンシープドッグの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

クロアチアンシープドッグの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

クロアチアンシープドッグの歴史

14世紀頃にアジア州の国から輸入されたトレセトニとソイェニツキという、犬種名以外が全て謎に包まれている犬とセルビアの「プーリン」という犬を掛け合わせる事によって作出されました。
主に牧羊犬として飼育されるが、ガードドッグとしては使われておらず、護畜犬としての役割はサルプラニナッツやカルスト・シェパードなどの専門犬種に任せるのが主です。しかし、羊に危機が迫ったときにはそれらと一緒に立ち向かう勇気も持ちあわせているため、番犬として飼育している人もいます。
羊飼いのみに飼育されていた犬種であったため、2度の世界大戦によって希少化し、絶滅寸前となった。戦後は子孫種であるムーディの血も導入しながら何とか生き残ることが出来、1969年にFCIに公認犬種として登録されました。それにより原産地であるクロアチアでさえあまり知られていなかった本種の知名度が上昇し、国外でも知られるようになりました。しかし、その頭数は今でも非常に少なく、FCI公認犬種の中で最も絶滅する可能性の高い犬種の一つとしてリストされています。
クロアチアンシープドッグ

外見  日本犬のようなスピッツタイプの犬種で、三角の大きめの立ち耳、ふさふさの巻き尾です。コートは厚い巻き毛のショートコートですが、顔と脚の前部のみスムースコートです。毛色は通常ジェット・ブラックですが、ごく稀にホワイトの毛色のものもいます。目は小さく、瞳の色は琥珀色。
性格  性格は大人しく従順だが、勇敢で警戒心の強い一面もあります。忍耐力にも優れ、飼い主に極めて忠実です。状況判断力も優れています。
体重  13〜16kg
体高  40〜50cm

クロアチアンシープドッグの健康

病気に強い犬種ですが、「股関節形成不全」などに注意してください。太り過ぎや幼犬期の過度の運動が主な原因なので、飼い主さんが甘やかし過ぎずにしつけることが大切です。

クロアチアンシープドッグの運動

かなりエネルギッシュな犬ですので、フリスビーやアジリティなどを一緒に楽しみたい方にぴったりでしょう。
毎日1時間程度の散歩をしてあげたいです。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

クロアチアンシープドッグのしつけ

学習能力は高いので、しつけの飲み込みは早く、ハイレベルのトレーニングでもこなす事ができます。主人には極めて従順なので、信頼関係の構築を中心に行いましょう。
室内飼育ももちろん可能です。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

クロアチアンシープドッグの手入れ

被毛の手入れは週に1~2回のブラッシングで十分ですが、換毛期には丁寧にムダ毛を取り除いてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA