離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

クランバースパニエルの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

クランバースパニエルの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

クランバースパニエルの歴史

 フランスの猟犬を先祖とし、またアルパイン・スパニエルやバセット・ハウンドの血を引くとも言われています。
 言い伝えでは、1789年のフランス革命により処刑されることとなったノアイユ公爵が、自らの飼っていたスパニエルを犬舎ごとイングランドのニューカッスル公爵に送ったのが始まりと言われるが、すでに1770年頃にフランスからニューカッスル公爵にイヌが贈られた記録もあるといい、1788年に描かれたニューカッスル公爵が複数のスパニエルを連れた肖像画もあります。また、より早くにスペインから持ち込まれ、「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」のもとともなった赤や黄色の斑を持つ白いスパニエル(ブレナム・スパニエル、ブレンハイム・スパニエル)を祖先とする説もあります。いずれにしてよ、犬種名はニューカッスル公爵の領地であるノッティンガムシャーのクランバー・パークに由来します。
 イギリス王室でも飼われ、特に、エドワード7世やジョージ5世に愛されたことが知られています。

外見

 風格のあるどっしりとした筋肉質な体つきをしています。
 カラーは一般的にはホワイトで、毛は柔らかくスムース、まっすぐな毛ですが密集して生えているので、外敵や虫から身を守る役割を果たしています。
 大きめの頭にたれ耳が特徴で、愛らしい顔をしています。
 また、ウェーブがかかった毛にオレンジの斑があるものもいます。

性格

 おっとりしていて温和であり、攻撃的な面があまりありません。しかし、自立心が強く、エネルギッシュで活動的であり、見知らぬ人や犬とはあまり積極的に関わりたがらない性格です。 

体重  25〜39kg
体高  43〜51cm

クランバースパニエルの健康

 クランバースパニエルは自分から積極的に運動をしたがる犬種ではありませんが、運動不足になると脚の力が弱ってしまいますので、気を付けましょう。
 また、「股関節形成不全」、「肥満」には注意が必要です。
 クランバースパニエルの被毛は密集して生えているため、暑さが非常に苦手なので、こまめに水分補給するなど熱中症対策をするようにしましょう。室内はクーラーなどで過ごしやすいように温度調節し、夏場の散歩は涼しい時間帯を選ぶようにするといいでしょう。
 垂れ耳の犬種なので、定期的に掃除をして、外耳炎などにかからないように予防しましょう。

クランバースパニエルの運動

 太りやすい体質なのと、足腰を弱らせないためにも、出来るだけ毎日散歩に連れ出してあげるようにしましょう。
 あまり激しい運動というよりは、ゆっくりとしたペースで長めの運動をさせるようにしましょう。

クランバースパニエルのしつけ

 基本的に飼い主に忠実で献身的な性格なので、しつけはそれほど難しくありません。ただし、マイペースな性格でもあるので、理解してくれるスピードがあまり早くない傾向があります。
 できるだけ褒めながら、愛犬のペースにあわせてしつけるといいでしょう。

 しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
 「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

クランバースパニエルの手入れ

 週に3回程度のブラッシングで、カールヘアーが綺麗に保たれます。また、月に1~2回を目途にシャンプーをしてあげましょう。

最後にとても大切な事

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
 いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

 まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

大切なペットの保険選びは保険スクエアbang!/ペット保険

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA