離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

アーフェンピンシャーの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

アーフェンピンシャーの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

アーフェンピンシャーの歴史

15世紀ごろにネズミ狩用の犬種として、現在では絶滅したオーストリア原産のオーストリアン・ワイアーヘアード・ピンシャーをもとに数種類のテリアやワーキング・テリアをかけ合わせて作られました。元々は作業犬として使われていたが、愛嬌のある顔立ちであったため、後にペットとしてのみ飼われるようになった。その際完全に愛玩犬種になるように改良され、「パグ」や「ブリュッセル・グリフォン」と交配されて現在のように容姿になりました。「サルのような」という意味で、ドイツ語でアッフェンとつけられました。ちなみに、愛玩犬として改良される以前からマズルはやや短くつぶれていたが、現在のように平坦なものではなく、いくらかそれが尖っていた中型犬であったといわれています。
アーフェンピンシャー

外見  サルのような顔つきでマズルがつぶれています。尾はやや長い垂れ尾で、脚はやや長く、スリムでコンパクトな体型です。
剛毛のロングコートで、顔の周りの毛は深い。鼻髭や顎髭のような口吻の長い毛や目の上に生えた眉毛のようなブラシ状の毛がチャームポイントです。被毛はつやが無く、目元は黒っぽい。その他の部分の毛色はブラック、ブラウン、グレー、ブラウンレットなどがあります。
性格  とても陽気で周りを明るくさせてくれ、また大胆で勇敢な性格です。
体重  3~4kg
体高  23~29cm

アーフェンピンシャーの健康

心臓に不備がある個体が比較的多い為、体に負担がかからない、高たんぱくのドッグフードを選ぶと良いでしょう。

アーフェンピンシャーの運動

遊ぶ事が大好きですが、散歩は1日1回、30分程度で、十分な運動になります。

アーフェンピンシャーのしつけ

アーフェン・ピンシャーはテリア種の為、きちんと主従関係を教えなければ、わがままな性格となってしまいます。しかし、テリア種にしては聞き分けが良いので、しつけはあまり難しくありません。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA