犬の低血糖症

犬の低血糖症~ふらついたり、ぐったりしたり、全身性の痙攣発作があったら~

犬の低血糖症とは、血液中の糖分濃度(血糖値)が低下してしまうことにより細胞への栄養補給が不完全になった状態を言います。

血液中のグルコース濃度(血糖値)は、体内における複数の器官によって一定に保たれています。
具体的には脳の視床下部(血糖値のモニター)、膵臓(グルカゴンの分泌)、肝臓(糖新生)、副腎(アドレナリンの分泌)などです。
このうちのどれか一つに致命的な欠陥が生じると、濃度調整機能が破綻
し、低血糖を招いてしまいます。
脳は血液中の糖分をエネルギー源としているため、血糖値が著しく低下するとその影響を受け様々な症状を引き起こします。
また、たとえ血糖値をコントロールする能力は正常でも、グルコースの元となる食事の量が少なかったり、グルコースを消費する運動の量が多い場合にも発症します。

ここでは、犬の低血糖症の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • 犬の低血糖症の主な症状
  • 犬の低血糖症の主な原因
  • 犬の低血糖症の主な治療法
  • 犬の低血糖症の予防

犬の低血糖症の主な症状

犬の低血糖症の主な症状としては、ふらつき、ぐったりする、元気や食欲がない、全身性の痙攣発作、意識を失うなどです。

主な症状
☆ふらつき
☆ぐったりする
☆全身性の痙攣(けいれん)
☆下半身が動かなくなる
☆意識を失う
☆失明(数日~恒久的)

犬の低血糖症の主な原因

犬の低血糖症の原因は、年齢でも傾向があります。
下記にまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。

  • 子犬の場合 
    子犬の低血糖症は生後3ヶ月ぐらいまでに起こることが多いです。
    その場合、体の冷え、空腹、寄生虫やウイルス性の腸疾患、内臓障害による栄養吸収の悪化などが原因として考えられます。
    生後間もない子犬は体内の糖分の蓄えが十分でなく、肝臓の糖新生機能が弱いため、ほんの6~12時間程度の絶食でも、容易に低血糖を起こしてしまいますので要注意です。

  • 成犬の場合 
    5歳以上の犬によく見られ、空腹、興奮、過度の運動などが原因になることが多いです。
    大型犬で発症しやすく、かかりやすい犬種は下記の通りです。

    アイリッシュセッター
    ゴールデンレトリバー
    ボクサー
    スタンダードプードル
    ジャーマンシェパードなどです。

  • 老犬の場合 
    7歳以降の老犬に低血糖が発生した場合、インスリンを生成している膵臓(すいぞう)の腫瘍が原因となることがあります。
    糖尿病とは逆で、インスリンの過剰生成が起こり、必要以上に血糖を細胞内に取り込んでしまうために起こります。
    また、血中にグルコースを放出する「糖新生」を担っている肝臓の障害でも発症します。

  • 糖尿病の犬の場合 
    糖尿病を抱えており、インスリン療法を行っている犬が低血糖に陥った場合、注射量の間違いが原因として挙げられます。
    インスリンは血液中の糖分を細胞内に誘導しますが、その量が多すぎると血糖が不足してしまい、低血糖症を発症します。

犬の低血糖症の主な治療法

犬の低血糖症の主な治療法としては、ブドウ糖の口から投与を行います。
しかし、意識が無いなど、口からの投与が難しい場合は、ブドウ糖の静脈内注射を行います。
低血糖症を引き起こす原因となる疾患がある場合はその治療もあわせて行います。

  • 糖分補給 
    子犬の場合はブドウ糖溶液、成犬の場合は消化吸収されやすい食事を与えることで血糖値を正常に戻します。
    ただし、人間と同じようにチョコレートは絶対に与えないでください。
    また意識を失っているような場合は、取り急ぎガムシロップを頬の内側に塗りつけ、すぐに獣医さんに相談します。
    誤飲が起こってしまいますので、一気に大量に流し込まないよう注意してください。

  • 基礎疾患の治療 
    膵臓腫瘍、肝臓の障害など別の疾病によって低血糖症が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。
    ただし一般的に、膵臓の腫瘍は発見が難しいとされています。

犬の低血糖症の予防

子犬の場合は食事の間隔が長くなると、低血糖症を発症しやすいため、1回あたりのドッグフードの量を減らして食事回数を増やすなど食事の時間と回数に注意すると良いでしょう。
成犬であれば空腹時に運動をさせないなどの配慮や定期的に健診を受けることなどが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA