コーイケルホンディエの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

コーイケルホンディエの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

コーイケルホンディエの歴史

16世紀からオランダで銃が発明される以前のカモ猟に使われていた犬種です。カモ猟では網が用いられていましたが、網を打つ前に鳥をおびき寄せるのがこの犬の仕事でした。
カモ猟では、ふさふさした尾を茂みの中から見え隠れするように動かし、仕掛けた網や、銃の射程距離内にカモをおびき寄せていた。
第2次世界大戦が終了するまでには殆どが全滅してしまい、一時期は世界で5頭までに減少しました。現在では愛好家の努力によって少しずつ増えてはいるが、依然として本国オランダ以外では非常に希少な犬種となっています。
コーイケルホンディエ

外見  小さめの耳や腹部にあるフリンジ状の豊富な飾り毛と、羽毛状の豊富な飾り毛があるふさふさの尻尾がチャームポイントです。
毛色は、ホワイトの地色に鮮やかなレッドのまだら模様です。コーイケルホンディエは被毛の完成に約2年かかるといわれています。
性格  陽気で気立てが良く、とてもフレンドリーで活発です。環境適応能力に優れ、無駄吠えも少なく、他の動物や小さな子どもともうまく共存することができます。とても遊び好きで、頭もよく、飼い主や家族に忠実である。
体重  9〜15kg
体高  35〜40cm

コーイケルホンディエの健康

かかりやすい病気としては、「セロイド・リポフスチン脳症」や血液疾患である「フォン・ヴィレブランド病(VWD)」、神経が麻痺して次第に歩けなくなる「遺伝性壊死脊髄障害(ENM)」があげられます。中でもVWD(フォンビルブラント病)は特に注意が必要で、ケガなどをしたときに出血が止まらないという症状がでます。親犬がVWDをもっていないかという遺伝検査が実施されており、親犬がもっていなければ子犬も発症する心配はありません。

コーイケルホンディエの運動

毎日最低でも1日2回それぞれ60分程度の運動が必要です。肉体的な運動に加え、頭も一緒に使うフリスビーやアジリティなどをしてあげると喜びますよ。ドッグランに連れて行ってあげたり、ボール遊びや水遊びをしてあげたりすることも併せてオススメです。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で120,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ 保険スクエアbang!/ペット保険

コーイケルホンディエのしつけ

飲み込みが早く人が好きな性格なので、とてもしつけがしやすい犬種です。とても賢く学習能力の高い犬種なのでゲーム、頭を使ったスポーツを通して、しつけを行うのが効果的です。しつけを行う際には褒めて伸ばすのがオススメです。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

コーイケルホンディエの手入れ

垂れ耳のため、蒸れたり汚れがたまりやすいので、定期的に耳掃除をしてください。
被毛のお手入れは、毎日ピンブラシやスリッカーを使ってブラッシングするだけでも毛並みが美しく整います。毛が長い耳の周り、おしりや尻尾の飾り毛はコームを使うと便利です。シャンプーは成犬であれば1ヶ月に一度程で十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA