犬の眼球脱出

 眼球がまぶたの外に飛び出してしまった状態を言います。シーズー、パグ、ボストンテリアなど、最初からある程度眼球が外に出ている短頭種で多く見られます。

たった55秒でペット保険の無料資料請求

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前に「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

主な症状
☆眼球の突出
☆眼球の炎症
☆眼球の乾燥
☆眼球の壊死(えし)

 

犬の眼球脱出の主な原因 

  • 頭に対して強い衝撃が加わると、そのはずみで眼球が飛び出してしまうことがあります。通常は急性に発症し、体が小さければ小さいほど、また眼球の露出面積が大きければ大きいほど、発症確率が高まります。具体的には、チワワシーズーパグボストンテリアなどです。
  • 眼球を入れているソケットである眼窩(がんか)内に腫瘍ができると内側からの圧力によって眼球が押し出されてしまうことがあります。通常は徐々に発症します。ちなみに人間においては、眼球の突出を引き起こす病気として「甲状腺機能亢進症」が有名ですが、犬においてはこの病気自体がまれで、なおかつ発症しても眼球の突出はほとんど示しません。

 

犬の眼球脱出の主な治療法 

  • 軽症の場合はまぶたを注意深く引きながら眼球を元の位置に整復します。整復後しばらくの間は患側の目が斜視(本来の位置から黒目がずれること)を示しますが、時間と共に徐々に回復します。
  • むくみがひどく、元に戻すのが困難な場合は、まぶたの一部を切開した上で眼球の整復を行います。脱出してから治療するまでの時間が短ければ短いほど予後は良好です。
  • 眼球の損傷がひどく、整復しても視力の回復が見込めないような場合は、眼球を摘出してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA