離れていても、いつでも一緒。【ドッグカメラ】

ダルメシアンの特徴は?性格・外見・病気・しつけなど飼い方がここに!

ウェブクルー  ペット保険資料一括請求

ダルメシアンの誕生した背景・歴史、性格や外見、手入れ方法や散歩の頻度、性質から見るしつけ方などがここにあります。

ダルメシアンの歴史

 ダルメシアンはクロアチア原産で、ディズニー映画の『101匹わんちゃん』のモデルとしても有名です。
かつては猟犬・番犬・牧羊犬・軍用犬などの様々な使役をしていたといわれ、激務に耐えうる体力と持久力があります。交通機関の主流が馬車であったころ、消防馬車の先導・護衛として活躍した事から、 アメリカでは現在でも消防のマスコットキャラとして親しまれています。
後に貴族の家庭犬として大人気を博したが、ブリーダーにより近親交配がむやみに進められたことが現在でも先天的に股関節に異常をもつ個体が誕生する原因となりました。
ダルメシアン

外見  ダルメシアンの特徴は何と言っても、白地に無数の斑点という独特の毛並みです。また耳は垂れ耳で、滑らかな短毛に覆われた筋肉質の体躯を持ちます。
性格  性格は明るく陽気な反面、警戒心が強く、飼い主や家族以外の他人や他犬に気を許さないところがあります。
体重  27~32kg
体高  56~61cm

ダルメシアンの健康

ダルメシアンは先天性聴覚障害のもっとも多い犬種で、アメリカの調査では全体の20%が片耳または両耳が聞こえないというデータもあります。
これは、毛色の白の遺伝子により起きる現象で、斑の色や性別には関係なく起こります。ブルーアイの個体には非常に起こりやすく、パッチ(斑点の面積が大きなもの)がある個体には起こりにくいという特徴があります。

ダルメシアンの運動

ダルメシアンは非常に体力があるので、毎日1~2時間の散歩が必要です。

ダルメシアンのしつけ

家族に対しても気の荒い面を見せる個体がしばしばいるようですので、子犬の頃からしっかりとしつけや訓練を行い、従順に扱いやすくなるように育てていくことが大切です。
トイレなど室内生活でのしつけはやや入りにくいようで、根気が必要となります。

しつけの基本は必ず確認しましょう⇒犬のしつけの基本理論 完全ガイド
「おすわり」や「待て」など行動別のしつけ方法はこちら⇒犬の行動別しつけ方法

ダルメシアンの手入れ

ダルメシアンは見た目とは違って、大変抜け毛が多いです。毎日ブラッシングや濡れたタオルなどで拭いてあげましょう。

【最後に】

大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、かなりの請求金額になる事はよくあります。
いざという時の為にも必ず人と同様に保険には入っておきましょう!

まずは無料で下記から資料請求を行い、ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう。

■ペットの保険選びは【保険スクエアbang!/ペット保険】■

オリジナル歯磨きペースト バイオペースト ルース お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA