犬の拾い食いをしつけ直す 完全ガイド

 拾い食い:犬が飼い主の許可を得ずに落ちているものを食べてしまう事
 犬たちにとっては、お腹が空いているタイミングで、食べ物が落ちていれば、パクっと口入れてしまったり、好奇心で落ちている石を舐めて口に入れてみたりと、本能的な行動であると言えます。
 かと言って、それを放っておいては、嘔吐を催したり、下痢をしたりと、体調に影響を及ぼす恐れが十分に考えられます。
 拾い食いのしつけは、誤食事故を防ぐ上で極めて重要です。時として命の危険すらあるので、しっかりとしつけをしましょう。

  • なぜ拾い食いをするのか?
  • 拾い食いの危険性
  • 拾い食いのしつけについて
  • 拾い食いのしつけの手順
  • 首輪とリードに慣らす
  • おとりのおやつを用意する
  • 諦めることと指示語をリンク
  • ノーリードでやってみる
  • おとりの数、質を高める
  • おやつの回数を減らす
  • 拾い食いの防止グッズ

なぜ拾い食いをするのか?

 犬たちにとっては、地面に落ちている物が汚いという認識はありません。
 お腹が空いているタイミングで、地面に食べ物が落ちていれば、口にしてしまう事もあるでしょう。
 ただ、拾い食いの原因は空腹だけではありません。
 しつけ不足や愛情不足による場合も多々あります。飼い主が普段はかまってくれないのに、拾い食いをした時に大騒ぎした場合、犬たちは遊んでくれたと勘違いする場合もあります。
 
 道端の草を拾い食いしてしまい、その草に付いていた除草剤の影響で重体になってしまう事故もおきています。
 そんな事の無いよう、しっかりと愛情を持ってしつけしてあげましょう!

拾い食いの危険性

① 嘔吐や下痢
 腐った食べ物や動物や虫の死骸など、危険なものがたくさんあります。それらを口にする事で、嘔吐下痢を起こし、愛犬の体調を悪くさせてしまう事が考えられます。
 その他にも犬にとっては、ネギやチョコレートなど食べてはいけない物も世の中にはあります。

② 寄生虫や感染症の恐れ
 他の動物の排泄物などから回虫や条虫などの寄生虫を体内に入れてしまう可能性もあります。
 また、道端に落ちいてものに菌が繁殖しており、それを口にする事で感染症にかかってしまう恐れもあります。
 ドッグランなど不特定多数の犬たちが集まる場所も注意が必要ですが、世の中には野良猫や鳥など野生動物も少なからずいます。
 外へ行くときには、十分に注意しましょう。

③ 死
 焼き鳥などの串やフライドチキンの骨など、口した後に刺さる危険があるものがあります。
 また、除草剤や害虫駆除剤などが付着している物などを口にした結果、重篤な状態に陥り、最悪の場合は死に至る可能性もあります。
 犬たちは想像を絶する苦しみを受ける可能性がそこら中に存在している事を認識して下さい。

 上記のような事が一切起こらない為にも、今からしっかりと拾い食いのしつけについて、理解していきましょう。

 2拾い食いのしつけについて

 NG例:落ちているものニオイを嗅ぐことに夢中になって、飼い主の呼びかけに応えなかった犬を叩くなどの体罰。
 これは、「飼い主に呼ばれる=怖い」と認識してしまう恐れがあります。

 まずは「犬のしつけの基本理論」をしっかりと理解しておいて下さい。⇒犬のしつけの基本
 これを知っている事によって、一気にしつけがし易くなります。

 また犬の集中力は10分~15分程度です。集中力が無くなってきたと感じたら、潔くしつけを中断しましょう。

拾い食いのしつけの手順

① 首輪とリードに慣らす

しつけの中で、床に落ちたおやつに向かって突進する制御しなくてはなりません。あらかじめ首輪(胴輪)とリードにならせておきましょう。⇒犬 を首 輪 ・胴 輪 (ハーネス ) ・ リー ドに慣 らす

② おとりのおやつを用意する

たった55秒でペットの安心を確認しませんか?

 大切なペットの具合が悪くなり、動物病院へ行くと、
 かなりの請求金額になる事はよくあります。

 ケガや病気で手術が必要となった場合、
 「入院費+手術代で200,000円」ですとなったら、
 どうしますか?
 
 いざという時の為にも人間と同様に保険には加入を検討してみて下さい。

 保険料よりも補償内容をきちんと比較する必要があります。
 保険料の安さだけで選んだら、いざ、病院に行ったら、
 「こちらは保険外です」なんて事にならないように、

 ワンちゃんの為にも、飼い主様の為にも、しっかりと各社を比較して、
 ご自分と愛するペットに最適な保険を選びましょう!

 大切なペットの保険選びの前にたったの55秒で「無料資料請求」はこちら ⇒ かわいいペットの急な病気に備えて!!

 部屋の目立つ場所におやつを1つ置いておく(注:フードボウルは使用しないでください)
→犬にリードをつけて短めに持つ
→犬がおやつに気づいて近づいていく
→犬がおやつを食べられないように、しっかりとリードを握る(注:引っ張らない)
→リードでおやつの場所まで進めないと分かると、飼い主のところに戻ってくる
→その瞬間に「いいこ」とほめ、おやつをあげて下さい。

③ 諦めることと指示語をリンク

 今度は戻るという行動と指示語とを結びつけていきましょう。
指示語例:「ドンタッチ」(Don’t touch)、「ノータッチ」(No touch)、「リービット」(Leave it)など
 
おやつを床に1つ落として置いておく
→犬にリードをつけて短めに持つ
→犬がおやつに気づいて近づいていく
→犬がおやつを食べられないように、しっかりとリードを握る(注:引っ張らない)
→犬は諦めて鼻先をおやつからそらす
→その瞬間に決めた指示語を言う
→飼い主のところに戻ってくる
→「いいこ」とほめ、おやつをあげて下さい。

④ ノーリードでやってみる

 おやつを床に1つ落として置いておく
→犬がおやつに気づいて近づいていく
→鼻先をおやつに近づけた瞬間、指示語を言う
→飼い主のところに戻ってきたら、「いいこ」とほめ、おやつをあげて下さい。

⑤ おとりの数、質を高める

 今度はさらにしつけの強度を高めましょう。
 床に落としていたおやつの数を1日で1~2つ増やすぐらいのペースで、しつけを進めていきましょう。
 また、おやつの質を高めてみましょう。これが意外に難しいので、ゲーム感覚で行いましょう。
 その後は、屋外でも挑戦してみて下さい。

⑥ おやつの回数を減らす

 犬がしっかり拾い食いのしつけをマスターしたら、おやつを与える回数を「2回に1回→ 3回に1回→ 4回に1回・・・」と少しずつ減らしていきます。最終的には「いいこ」などの褒め言葉だけで済ませるようにしましょう。ただし、たまには犬の大好きなおやつをランダムであげて下さい。それにより、しつけが強化されるようになります。

拾い食いの防止グッズ 

 犬の拾い食い防止グッズとして、代表的なものとして口輪というものがあります。しかし、口輪は犬の口を開ける妨げになります。
 犬は「パンティング」と呼ばれる口を開けて激しく呼吸する事によって体温調整しています。特に夏などの暑い日に口輪をはめた状態で散歩をすると、最悪のケースでは熱中症にかかって死に至る可能性もあります。
 ですから、安易に拾い食い防止グッズに頼らず、しっかりしつけをしましょう。

 最後に

 拾い食いは、犬の本能的で自然な行動と言えます。ですから、たとえ、自分の愛犬が拾い食いしても「ダメな子」と思わないで下さい。
 しつけが出来たとしても、飼い主は愛犬を守るために、十分に注意をし、拾い食いしそうな物を察知したら、そこを避けるようにしたりしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA