犬の慢性肝炎

犬の慢性肝炎~愛犬が長期間、元気や食欲の低下がみられたら~

犬の慢性肝炎とは、肝臓に長期にわたって炎症が生じている状態を言います。

慢性肝炎が続くと、肝硬変肝性脳症になることがあります。
肝臓内で繰り返し炎症が生じた結果、線維部分の占める割合が多くなり、徐々に正常な機能が失われていきます。
肝臓は解毒、ビタミンやホルモンの生成、炭水化物、脂質、タンパク質の合成や分解、消化酵素の生成など数百のとても重要な役割を担っています。
この器官が不調に陥ると、胆嚢、神経、消化器、泌尿器といった、その他の様々な臓器までもが機能不全に陥ってしまうのです。

ここでは、犬の慢性肝炎の主な原因はもちろん、症状から対処法、かかりやすい犬種などをまとめていますので、是非ご参考になさって下さい。


  • 犬の慢性肝炎の主な症状
  • 犬の慢性肝炎の主な原因
  • 犬の慢性肝炎の主な治療法

犬の慢性肝炎の主な症状

犬の慢性肝炎の初期症状は、元気や食欲の低下などが見られます。
重度の肝炎になってくると、腹水や黄疸などが症状として現れます。

主な症状
☆元気がない
☆食欲不振
☆下痢
☆嘔吐
☆おなかがふくれる(腹水)
☆体重減少
☆黄疸(おうだん=白目や歯茎が黄色く変色する)
肝硬変への進行(末期)

犬の慢性肝炎の主な原因

慢性肝炎のほとんどは、色々な検査をしても原因が特定できない特発性です。
考えられる主な原因は下記の通りです。

犬の慢性肝炎の主な治療法

慢性肝炎は検査を行っても原因までは特定できない特発性が多いです。
しかし、銅蓄積や感染症など原因が特定できた場合はそれぞれの原因に対する治療が行われます。

  • 対症療法 
    疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます。
    具体的には輸液、栄養補給、安静、食事療法などです。

  • 腹水を抜く 
    おなかに水が溜まって苦しそうな場合は、まず利尿剤が投与され、それでも改善しない場合はおなかの中に注射針を刺して水を吸い取ります(腹水穿刺)。

  • 投薬治療 
    肝炎の症状に合わせた投薬が行われます。
    抗酸化剤、亜鉛、銅キレート剤、免疫抑制剤、抗線維化物質といった選択肢があります。
    しかし、投薬は病気を治すのではなく症状の悪化を抑えるためのものであって、一生涯継続する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA